ミュージカル

梅田芸術劇場

東京国際フォーラム ホールC(東京都)

他劇場あり:

2015/01/31 (土) ~ 2015/02/08 (日) 公演終了

上演時間:

大ヒット映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』や『ボンベイ』などの作曲に携わり、2008年の『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞作曲賞受賞、また2010年の『127時間』でもアカデミー賞作曲賞にノミネートされるなど、国内外を問わず活躍しているインドの作曲家A.R.ラフマーン。
インドの“モーツ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/01/31 (土) ~ 2015/02/08 (日)
劇場 東京国際フォーラム ホールC
出演 朝海ひかる、浦井健治、すみれ、加藤和樹、久野綾希子、安崎求、阿部裕、川久保拓司、ひのあらた、小松拓也、五大輝一、高谷あゆみ、原田薫、高田亜矢子、碓井菜央、唐澤裕香、中川和泉、梅棒
作曲 A.R.ラフマーン(AllahRakkhaRahman)
脚本 ミーラ・サイアル(MeeraSyal)
演出 荻田浩一(おぎたこういち)
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 12,000円
【発売日】
S席 12,000円  A席 9,000円  B席 5,000円  (全席指定・税込)
サイト

http://www.umegei.com/bombaydreams/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 大ヒット映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』や『ボンベイ』などの作曲に携わり、2008年の『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞作曲賞受賞、また2010年の『127時間』でもアカデミー賞作曲賞にノミネートされるなど、国内外を問わず活躍しているインドの作曲家A.R.ラフマーン。
インドの“モーツァルト”と称されるラフマーンの楽曲に、ショービジネス界では知らないものがいないアンドリュー・ロイド=ウェバーが惚れ込んでプロデュースし、誕生したミュージカルが本作「ボンベイドリームス」です。2002年にウエストエンドで、その後2004年にはブロードウェイでも上演され、この度日本初上陸となります。
ラフマーンが手掛ける劇中の楽曲は、伝統楽器を多用した古典的なインドの楽曲と、心情をしっとりと伝えるバラードや壮大なポップス、さらにハードロックまで、幅広い曲調で構成されており、まさしく「東洋と西洋の見事な融合」が果たされています。
インドのエンターテイメント作品の最大の魅力といえば、その独特なリズムと振りで歌って踊る 絢爛豪華な世界。嬉しくても悲しくても、楽しくても辛くても、そして恋を語っていても敵と戦っていても…ダンス!とある映画では、15分に1回はダンスシーンがあったというくらいです。全編ラフマーンの楽曲で構成される本作。劇場を出られるときには、楽曲の耳馴染みの良さと心地よい興奮で、思わず口ずさみ、体でリズムを刻んでしまう…。そんなお気に入りの曲に出会っていただけること間違いなしです。
その他注意事項
スタッフ 【作曲】 A.R.ラフマーン(A.R. Rahman)
【作詞】 ドン・ブラック(Don Black)
【脚本】ミーラ・サイアル(Meera Syal)
【原案】シェーカル・カプール(Shekhap Kapur) & アンドリュー・ロイド=ウェバー(Andrew Lloyd Webber)

【演出・訳詞】荻田浩一【音楽監督】玉麻尚一 【振付】原田薫・梅棒【美術】二村周作【照明】柏倉淳一【音響】大野美由紀【衣裳】木鋪ミヤコ【ヘアメイク】中原雅子【演出助手】坂本聖子【舞台監督】小笠原幹夫・藤崎遊【台本翻訳】天沼蓉子【制作】荒川ちはる【企画制作主催 】梅田芸術劇場

[情報提供] 2014/12/23 23:06 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/05/21 13:26 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大