演劇

劇団芝居屋第十六回公演

払暁の時・手紙

デザイン:らんでい

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団芝居屋第十六回公演

払暁の時・手紙

劇団芝居屋

ザ・ポケット(東京都)

2008/12/09 (火) ~ 2008/12/14 (日) 公演終了

上演時間:

払暁。それは空にはまだ星が見えるが、朝焼けがやや白み始め、地上もぼんやりとではあるが明るさを持ち始めた頃のことである。
なんの希望ももちえなかった真っ暗などん底のあの戦争末期、レイテ、沖縄の戦いにおいて救国の英雄という冠を戴き、数多くの若者がこの払暁の時に特別攻撃隊として飛び立った。
あれ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/09 (火) ~ 2008/12/14 (日)
劇場 ザ・ポケット
出演 永井利枝、増田恵美、家村幸成、今中奈穂子、足達祐紀、秀野真樹子
脚本 増田再起
演出 増田再起
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,200円
【発売日】
前売3000円、当日3200円
サイト

http://www18.ocn.ne.jp/~shibaiya/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 払暁。それは空にはまだ星が見えるが、朝焼けがやや白み始め、地上もぼんやりとではあるが明るさを持ち始めた頃のことである。
なんの希望ももちえなかった真っ暗などん底のあの戦争末期、レイテ、沖縄の戦いにおいて救国の英雄という冠を戴き、数多くの若者がこの払暁の時に特別攻撃隊として飛び立った。
あれから六十有余年の月日がたった。
ある日大槻信夫のもとへ、特攻隊として戦死したお父上の遺書をお預かりしていているのでお届けしたいという内容の手紙が来た。差出人は片野という人物であった。不審に思った大槻は待ち合わせ場所を近所のローカル線の駅の改札口とした。
果たしてその手紙の差出人は誰か。また、その遺書の内容とは。
語られることの無かった、名も無き戦士の歴史が今解き明かされる。
その他注意事項
スタッフ 【演出助手】若山淳美 【舞台監督】シロサキユウジ 【美術】八木橋貴之 【照明】鈴木みづほ 【音楽・音響】渡辺禎史 【写真】増田恭子 【宣伝美術】らんでぃ 【製作協力】林くみ(Karte)

[情報提供] 2008/02/02 17:42 by 芝居屋増田

[最終更新] 2008/11/08 03:33 by 芝居屋増田

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

芝居屋増田

芝居屋増田(0)

役者・俳優 脚本 演出

作・演出を担当しています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大