演劇

下北沢演劇祭参加企画

ななしのボク

0 お気に入りチラシにする

演劇

下北沢演劇祭参加企画

ななしのボク

アトリエばんが

北沢タウンホール(北沢区民会館)(東京都)

2015/02/22 (日) ~ 2015/02/22 (日) 公演終了

上演時間:

人のことより自分のこと、学校で他の生徒たちをしたがえて、わがままし放題のカケルは
本当はそんな自分にむなしさを感じていた。

カケルはある日、独りになれる場所を求めて町はずれの廃ビルを訪れる。
そこで見つけたのは妖怪たちが描かれたたくさんの絵。
カケルがその絵を手に取ると、なんと妖...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/02/22 (日) ~ 2015/02/22 (日)
劇場 北沢タウンホール(北沢区民会館)
出演 村田広美、山本啓介、大沼頌子(FLASHUP)、関谷誠(sekiyamakoto2manlive)、志村伸夫、川上瑛生(劇団ひまわり)、山崎由布子、常葉功一郎、田中亜紀、宝咲弥子(人体連盟)、山本准(劇団YAX直線)、鈴木たつや
脚本 こうたろう
演出 こうたろう
料金(1枚あたり) 0円 ~ 3,000円
【発売日】2015/01/01
全席指定
一般3,000円、学生2,500円、小中高生1,000円
※未就学児以下無料 ※当日料金は各種300円増
サイト

http://ateliervangua.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月22日(日)18:00
説明 人のことより自分のこと、学校で他の生徒たちをしたがえて、わがままし放題のカケルは
本当はそんな自分にむなしさを感じていた。

カケルはある日、独りになれる場所を求めて町はずれの廃ビルを訪れる。
そこで見つけたのは妖怪たちが描かれたたくさんの絵。
カケルがその絵を手に取ると、なんと妖怪たちが本物に!

実は廃ビルが建っているその場所には、
遠い昔、江戸時代に妖怪絵師として知られた男が住んでいたのだ。

男は描けばどんな妖怪にでも命を吹き込むことができた。河童や狸、輪入道…
男はどの妖怪のことも愛し、妖怪としての名前の他に友としての名前も与えた。

ただひとりの妖怪だけを除いて。

男はそのわけを打ち明けることなく妖怪たちの前から姿を消し、妖怪たちは長い眠りについた。

それから200年以上の時が経ち、再び目覚めた妖怪たちと出会ったカケルは少しずつ成長していく。
だが、同時に妖怪絵師が抱いた野望もまた蘇ってしまうのだった。
その他注意事項
スタッフ 演出補:関谷誠(sekiya makoto 2 man live)、舞台監督:佐藤一茂、照明:鈴木悟(株式会社MOON LIGHT)、音響:島村幸宏、協力:ten-nine

[情報提供] 2014/12/17 23:09 by こうたろう

[最終更新] 2015/02/10 07:38 by こうたろう

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

弥子☆

弥子☆(0)

百々目鬼役で、お邪魔します!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大