演劇

勝田演劇事務所プロデュースNO.23

~情炎~

ヘッダ・ガーブラー

0 お気に入りチラシにする

演劇

勝田演劇事務所プロデュースNO.23

ヘッダ・ガーブラー

~情炎~

勝田演劇事務所

d-倉庫(東京都)

2014/11/27 (木) ~ 2014/11/30 (日) 公演終了

上演時間:

イプセンの名作「ヘッダ・ガーブラー」を高度経済成長期、激動の1972年日本に翻案した社会派サスペンス!
学者の哲夫と結婚して信州は松本に豪奢な住まいを手に入れた操は、
哲夫の叔母百合子や、代々に仕えてきた女中の芙美子となじまないながらも、
なんとか生活を共にしようとしていた。
そこへ学...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

中山留理子撮影。舞台写真です。

公演詳細

期間 2014/11/27 (木) ~ 2014/11/30 (日)
劇場 d-倉庫
出演 村松恭子、有馬理恵、石鍋多加史、大宜見輝彦、成田浬、天野眞由美、千葉綾乃
脚本 イプセン、木島恭
演出 木島恭
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,500円
【発売日】
学生3500円 一般4500円
サイト

http://sherlockinblack.blog.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月27日(木) 14時 19時
 28日(金) 19時
 29日(土) 14時 19時
 30日(日) 14時
説明 イプセンの名作「ヘッダ・ガーブラー」を高度経済成長期、激動の1972年日本に翻案した社会派サスペンス!
学者の哲夫と結婚して信州は松本に豪奢な住まいを手に入れた操は、
哲夫の叔母百合子や、代々に仕えてきた女中の芙美子となじまないながらも、
なんとか生活を共にしようとしていた。
そこへ学生時代の仲間の恵理子が来て、運動に身を投じたまま別れていった幼馴染の英治が、論文を書いて話題になり、今この松本にいると知らせる。
突然行方不明になって心配だと・・・。操と英治にはある過去があった。
操は何かと世話になっている弁護士の黒崎に相談する。
時代の波に乗り切れずただ押し流されてしまった人々の行く末は・・・。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/11/22 09:10 by 村松恭子

[最終更新] 2014/11/22 09:14 by 村松恭子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大