その他

芸劇+トーク 異世代リーディング

『自作自演』 <第12回> 飴屋法水× 江本純子 

東京芸術劇場

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2015/02/02 (月) ~ 2015/02/02 (月) 公演終了

上演時間:

世代の異なる作家が自作を読み、語り合う。
2011年より不定期で開催しております、
芸劇人気企画<芸劇+トーク 異世代リーディング『自作自演』>

2人の作家が、それぞれ自作の短編小説・エッセイ・戯曲などを読み、その後に互いの言葉を聞いて感じたことを語り合う、2部構成で上演致します。 ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/02/02 (月) ~ 2015/02/02 (月)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 飴屋法水、江本純子
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2014/11/29
一般3,000円 65歳以上2,500円 25歳以下2,000円 高校生割引1,000円
※65歳以上、25歳以下、高校生割引チケットは、東京芸術劇場ボックスオフィスにて、前売のみ取扱い。(枚数限定・要証明書)
※未就学児はご入場いただけません。
※障害をお持ちの方:割引料金にてご観劇いただけます。詳しくは劇場ボックスオフィスまたは劇場HPまで。
サイト

http://www.geigeki.jp/performance/theater078/#

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015年02月02日 (月)19:00
説明 世代の異なる作家が自作を読み、語り合う。
2011年より不定期で開催しております、
芸劇人気企画<芸劇+トーク 異世代リーディング『自作自演』>

2人の作家が、それぞれ自作の短編小説・エッセイ・戯曲などを読み、その後に互いの言葉を聞いて感じたことを語り合う、2部構成で上演致します。
作家が自らの声で届ける朗読は圧巻。作品世界をディープに堪能してください!
トークは、互いの作品への思いや、2人の意外な接点などの貴重な話が聞ける、またとない機会です。


飴屋法水
1961年生まれ。山梨県出身。現代美術家・役者・ペットショップオーナー・演出家などさまざまな顔を持つ。78年に唐十郎の「状況劇場」に音響で参加。84年に「東京グランギニョル」、87年に「M.M.M」を立ち上げ、その独特な舞台表現で人気を集める。90年より現代美術に発表の場を移し95年のベネチアビエンナーレにおいて「パブリックザーメン」を発表するが、同年作家活動を止め、さまざまな動物を飼育販売する「動物堂」を開始。2005年「バ  ング  ント」展にて作家活動再開後は、「フェスティバル/トーキョー」、「水と土の芸術祭」、「国東半島アートプロジェクト」などに参加。14年いわきの高校生たちと共作した『ブルーシート』で第58回岸田國士戯曲賞を受賞した。同年9月東京芸術劇場で上演された藤田貴大演出『小指の思い出』(野田秀樹作 )に出演。

江本純子
1978年千葉県生まれ。劇作家・演出家・俳優。 立教大学在学中の2000年9月、劇団「毛皮族」を旗揚げし、演劇活動を始める。09年より、毛皮族とは異なる作風と上演形態にて劇作品を発表するための場として「財団、江本純子」の活動を開始する。06年、処女小説『股間』を発表。09年『セクシードライバー』、10年『小さな恋のエロジー』が岸田國士戯曲賞最終候補作となる。12年、フランス・パリ日本文化会館より招聘を受け、同劇場にて『女と報酬(Le fric et les femmes)』を上演する。08年~13年、セゾン・ジュニアフェローとしてセゾン文化財団からの助成を受ける。近年の演出作に『ライチ☆光クラブ』『じゃじゃ馬ならし』等。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/11/22 07:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/11/29 10:15 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大