演劇

劇舎カナリア・シアターX提携公演 劇舎カナリア問う劇場

THE DAY THEY SHOT JOHN LENNON 

みんなしてジョンレノンをなきものにしやがった

デザイン:箕輪慎吾

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇舎カナリア・シアターX提携公演 劇舎カナリア問う劇場

みんなしてジョンレノンをなきものにしやがった

THE DAY THEY SHOT JOHN LENNON 

劇舎カナリア

ギャラリーX(カイ)(東京都)

2014/12/08 (月) ~ 2014/12/09 (火) 公演終了

上演時間:

ジョン・レノン射殺の翌日、現場であるダコタハウス前に集まって来た人々・・・
今やエグゼクティヴであるフェミニストの法律事務所秘書に、広告マンのウッドストックジェネレーション、ミドルクラスの高校生3人組、貧しい黒人の少年に、裕福なユダヤ人の孤老、失業中のヴェトナム帰還兵たち、それぞれの対話はと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/12/08 (月) ~ 2014/12/09 (火)
劇場 ギャラリーX(カイ)
出演 松岡文雄、塚本一郎、剣持直明、ささいけい子、山本健翔、中嶋ベン、途中慎吾、髙橋伶奈、佐藤鎮
脚本
演出 山本健翔
料金(1枚あたり) 2,000円 ~
【発売日】2014/11/23
サイト

http://www.geocities.jp/gekisyacanaria

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月8日(月)14時 19時 
12月9日(火)14時 
説明 ジョン・レノン射殺の翌日、現場であるダコタハウス前に集まって来た人々・・・
今やエグゼクティヴであるフェミニストの法律事務所秘書に、広告マンのウッドストックジェネレーション、ミドルクラスの高校生3人組、貧しい黒人の少年に、裕福なユダヤ人の孤老、失業中のヴェトナム帰還兵たち、それぞれの対話はときにコミカルに、ときにシリアスに、ときにシニカルに、愛を、平和を、9.11後の世界を、アメリカをニッポンを、炙り出す・・・
と、2005年より上演をしてまいりました。
そして東日本大震災と原子力発電所の事故。劇中、語られるスリーマイル島の事故。05年に翻訳したときにはまさかメルトダウンという言葉がそのまま日本で通じるとは思ってもいなかった自身のイマジンの力不足を痛感しながら、1980年にジョン・レノンが撃たれたその同じ日、そしてこの舞台が繰り広げられるその翌日という日に、改めてこの作品を通して世を問いたいと考えます。
山本健翔
その他注意事項
スタッフ 原作 JAMES McLURE
翻訳 台本 山本健翔
ピアノ演奏 青木裕子

[情報提供] 2014/11/20 22:23 by Q

[最終更新] 2014/12/13 06:51 by Q

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大