実演鑑賞

オフィスTEN

京都四條南座(京都府)

2015/01/31 (土) ~ 2015/02/01 (日) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/schedule/2015/1/_in_11.php#tab03

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
見どころ
“世界の西本、南座から再び世界へ!”

「こんなオペラ見たことない!」
日本の伝統美と西洋音楽の華麗なる融合が大きな話題となった
2014年2月公演の大きな反響にお応えして、早くも南座での再演が決定!
京舞井上流五世家元の井上八千代氏が振付を担当し、祗園の芸舞妓衆が出演。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/01/31 (土) ~ 2015/02/01 (日)
劇場 京都四條南座
出演
作曲 プッチーニ
演出
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 14,000円
【発売日】2014/12/03
1等席:13,000円
2等席:6,000円
特別席:14,000円
公式/劇場サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/schedule/2015/1/_in_11.php#tab03

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2015年1月31日(土)~2月1日(日)
1月31日(土):16:00~
2月1日(日):14:00~
説明 見どころ
“世界の西本、南座から再び世界へ!”

「こんなオペラ見たことない!」
日本の伝統美と西洋音楽の華麗なる融合が大きな話題となった
2014年2月公演の大きな反響にお応えして、早くも南座での再演が決定!
京舞井上流五世家元の井上八千代氏が振付を担当し、祗園の芸舞妓衆が出演。
世界初の試みを続けている西本智実 指揮・演出の、
南座だからできるオペラ『蝶々夫人』をどうぞお見逃しなく!


■ 「 蝶々夫人」 (Madama Butterfly)
プッチーニ作曲のオペラ。ロング原作の小説「蝶々夫人」に基づくベラスコの戯曲。
色彩的な管弦楽と旋律豊かな声楽部が調和した名作で、
プッチーニは「蝶々夫人」中に日本の旋律を随所に取り込み、
プッチーニの作品の中では日本人に最もなじみの深い作品である。


■ あらすじ
1890年代の長崎。アメリカ海軍士官のピンカートンは、結婚仲介人ゴローの斡旋で、蝶々さんと結婚する。
武士の家に生まれた蝶々さんは、没落して15歳で芸者となっていた。
結婚を心から喜び、キリスト教に改宗するが、親族一同あきれて帰ってしまう。
結婚生活もつかの間、アメリカに帰り3年が経つピンカートンの帰りをひたすら待つ蝶々さん。
しかし、ようやく戻ったピンカートンはアメリカ人の妻ケイトを連れて蝶々さんのもとへ訪ねてくる。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/11/15 21:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/11/17 06:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大