演劇

東京国際芸術祭2008 リージョナルシアター・シリーズ

リーディング公演部門

演劇

東京国際芸術祭2008 リージョナルシアター・シリーズ

ためいきをつくかいのはなし

リーディング公演部門

WATER33-39

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2008/02/29 (金) ~ 2008/03/01 (土) 公演終了

上演時間:

地域期待の劇団が、プロの劇作家によるアドバイスを受け創作する、新作戯曲リーディング公演。
WATER33-39(札幌)の劇作家・清水友陽には、清水が最も敬愛する劇作家の一人という、深津篤史氏がアドバイスを行います。


北海道の港町。今はない僕の家。生まれてすぐに引っ越して、暫くはばあ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/02/29 (金) ~ 2008/03/01 (土)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 佐井川淳子、高石有紀、中塚有里、杉吉結、岩尾亮、岩田雄二、久々湊恵美
脚本 清水友陽
演出 清水友陽
料金(1枚あたり) 500円 ~ 500円
【発売日】2008/01/18
一演目500円(全席自由・日時指定)
サイト

http://tif.anj.or.jp/sapporo/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 地域期待の劇団が、プロの劇作家によるアドバイスを受け創作する、新作戯曲リーディング公演。
WATER33-39(札幌)の劇作家・清水友陽には、清水が最も敬愛する劇作家の一人という、深津篤史氏がアドバイスを行います。


北海道の港町。今はない僕の家。生まれてすぐに引っ越して、暫くはばあちゃんが住んでいた。休みをとって釣りをする。天気予報がはずれて快晴。ちっとも魚は釣れないし、となりにはため息ばかりの嫁がいる。ばあちゃんは死んでもういない。大人になって知ったのは、そびえる崖のあの辺りに、龍宮城と呼ばれる遊園地があったこと。父親が生まれた時には、焼けてなくなっていたそうで。後から聞いた話しだけれど、ばあちゃんは一度だけそこに行ったことがあるらしい。僕もたぶん、一度だけそこに行ったことがあるんだと思う。あの日。あっちゃふんが聞こえてきて、僕はあの女の子のあとを追いかけた。おばけがでると、雨がふる。
その他注意事項
スタッフ 作・演出 清水友陽
アドバイザー 深津篤史
リーディング公演制作 井神拓也(ヨーロッパ企画)

[情報提供] 2008/01/26 02:45 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/05/19 12:52 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大