舞踊・バレエ

Nibroll

シアタートラム(東京都)

他劇場あり:

2015/01/23 (金) ~ 2015/01/25 (日) 公演終了

上演時間:

『THIS IS WEATHER NEWS』以来、4年ぶりの東京公演。

リアリティが希薄になった現代を生きる私たちが、実感できる身体を探る。

 身体を省略し拡張する。人はできるだけ動かなくてすむようにテクノロジーを駆使する。それに抗うつもりはない。楽がいい。それでもどこまで省 略し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2015/01/23 (金) ~ 2015/01/25 (日)
劇場 シアタートラム
出演 小山衣美、鶴見未穂子、森井淳
演出 矢内原美邦
振付 矢内原美邦
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,800円
【発売日】2014/11/12
全席自由(整理番号付)
一般 3,500円
学生 3,000円(当日要学生証提示)
当日3,800円

友の会会員割引 3,300円

せたがやアーツカード会員割引 3,400円
サイト

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2015/01/post_387.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル http://www.nibroll.com/realreality.html
説明 『THIS IS WEATHER NEWS』以来、4年ぶりの東京公演。

リアリティが希薄になった現代を生きる私たちが、実感できる身体を探る。

 身体を省略し拡張する。人はできるだけ動かなくてすむようにテクノロジーを駆使する。それに抗うつもりはない。楽がいい。それでもどこまで省 略しようとするのか、ふと不安になる。人々の想像は遥か彼方にある場所や、過去や未来にある時間を、あたかも今ここにあるかのように具現化しようとする。それでも人は遠くでおこっている悲劇を想像することすらできない。そこにある身体を共有することができない。なにもない場所に立ち、リアルのない時間を過ごし、言葉のない声を聞き、カラダのない人に出会う。死はすぐそこにあり、無限であり、確定的。生きることはいまここにあり、限りがあり、不確定な未来にある。身体がなくてもいい時代を生きる私たちが実感できる身体をさがす。 私たちは生きています。 
その他注意事項
スタッフ [演出・振付] 矢内原美邦
[映像] 高橋啓祐
[音楽] SKANK / スカンク
[美術] カミイケタクヤ
照明:ヤン・ベッカー lighting : Yann Becker
衣裳:稲村朋子
音響:須貝一也(株式会社JOY SOUND PROMOTION) 
舞台監督:鈴木康郎 湯山千景
チラシ:カミイケタクヤ 岡本健+
企画・制作:プリコグ

[情報提供] 2014/11/14 04:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/12/26 06:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大