「ルードウィヒ・B」 公演実行委員会

東京国際フォーラム ホールC(東京都)

他劇場あり:

2014/11/27 (木) ~ 2014/12/06 (土) 公演終了

休演日:12/3

上演時間:

手塚治虫未完の名作「ルードウィヒ・B」を舞台化!
ベートーヴェンの生涯と音楽が、現代に蘇る。
【 あらすじ 】
1770年、歌手の父ヨハンと母マリアの子として生まれたルードウィヒ・ヴァン・べートーヴェンは、少年時代から音楽の才能を見出され、やがて、100年に一人の天才と称されるモーツァル...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/11/27 (木) ~ 2014/12/06 (土)
劇場 東京国際フォーラム ホールC
出演 橋本良亮(A.B.C-Z)、姜暢雄、河合郁人(A.B.C-Z)、知念里奈、浅野温子、里見浩太郎
脚本
演出 モトイキシゲキ
料金(1枚あたり) 8,900円 ~ 8,900円
【発売日】2014/11/09
8,900円 ※全席指定・税込・未就学児童入場不可
サイト

http://www.beethoven-stage.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 手塚治虫未完の名作「ルードウィヒ・B」を舞台化!
ベートーヴェンの生涯と音楽が、現代に蘇る。
【 あらすじ 】
1770年、歌手の父ヨハンと母マリアの子として生まれたルードウィヒ・ヴァン・べートーヴェンは、少年時代から音楽の才能を見出され、やがて、100年に一人の天才と称されるモーツァルトの影響を享け、貴族の娘・エレオノーレや民衆の人たちとの出会いから、音楽こそが人の心を豊かにする事を知り、音楽家として成功を得る。

しかし、その瞬間、彼は聴覚を失うという冷酷な宿命を背負わされる。その宿命のライバルこそが、貴族で音楽の才能を持ちながらも"ルードウィヒ"の名を持つすべてを恨むフランツ。その恨みが音楽家ベートーヴェンの運命を大きく左右することになる。果たしてルードウィヒ・Bはどう戦い、何を想い、音楽で何を表現するのか……。

手塚治虫の未完作品に新たにクライマックスを創作。今、ベートーヴェン最後の交響曲第九の『歓喜のうた』が鳴り響く──。
その他注意事項
スタッフ 原作:手塚治虫「ルードウィヒ・B」
音楽監督:千住 明
演出:モトイキシゲキ

[情報提供] 2014/11/05 05:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/12/02 21:50 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大