演劇

座・高円寺 秋の劇場19 日本劇作家協会プログラム

8分間

0 お気に入りチラシにする

演劇

座・高円寺 秋の劇場19 日本劇作家協会プログラム

8分間

燐光群

AI・HALL(兵庫県)

他劇場あり:

2014/12/05 (金) ~ 2014/12/07 (日) 公演終了

上演時間:

坂手洋二作・演出による新作『8分間』を、東京・伊丹・岡山・名古屋で上演します。
「ドキュメンタリー・シアター」を越えた新たな実験の形式を潜り抜け、くっきりとした人間群像をダイナミックに描く醍醐味。「演劇」そのものを問い直す、最新のエンターテイメントです。

舞台は、ある駅のプラットホーム...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/12/05 (金) ~ 2014/12/07 (日)
劇場 AI・HALL
出演 円城寺あや、岡本舞、大島葉子、川中健次郎、猪熊恒和、大西孝洋、さとうこうじ、杉山英之、東谷英人、荻野貴継、武山尚史、松岡洋子、樋尾麻衣子、田中結佳、長谷川千紗、秋定史枝、根兵さやか、桐畑理佳、川崎理沙、鴨川てんし(ダブルキャスト)、中山マリ(ダブルキャスト)
脚本 坂手洋二
演出 坂手洋二
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,600円
【発売日】2014/10/26
全席自由(日時指定・整理番号付き)
一般前売 3,300円 ペア前売6,000円 当日 3,600円 U-25(25歳以下)2,500円
高校生以下 1,500円(※U-25・高校生以下は、前売・当日券料金 受付にて要証明書提示)
サイト

http://rinkogun.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月5日(金)19:00
12月6日(土)14:00/19:00
12月7日(日)14:00
説明 坂手洋二作・演出による新作『8分間』を、東京・伊丹・岡山・名古屋で上演します。
「ドキュメンタリー・シアター」を越えた新たな実験の形式を潜り抜け、くっきりとした人間群像をダイナミックに描く醍醐味。「演劇」そのものを問い直す、最新のエンターテイメントです。

舞台は、ある駅のプラットホーム。昼下がり。
あなたは階段を駆けてきたが、目の前で車輌の扉が閉まる。
間一髪、間に合わなかった。
……8分間。これから8分間。次の鈍行を待つ。昼間、この時間帯、鈍行の間隔は、いつも8分間。8分間を待つ。
ふだんと変わらぬ暮らしの中の一コマのはずだった。

日常を生きるごく普通の人物たち。彼らはそれぞれ、「事件」を想起する。
例えば、電車から降りようとした女性客が足を踏み外しホームと車両の間に落ちてしまう。
乗客らが自主的に降車、一致団結してその女性を引っ張り出し、無事救出。このことは全世界に報道され、日本人の非常時の結束力に賞賛の声が上がった。救出劇は、ぴたり8分間の間に行われた。
……この劇は検証する。登場人物たちが別な行動を取っていたら? 乗客たちが別な顔ぶれだったら? 
そもそもその「事件」は本当に起きたのか。劇はさまざまな可能性によって、いくつもの展開を辿る。これは導入部に過ぎない。その時々のシチュエーションにおいて、さまざまに反応する人々の姿。労働、家族、生活、教育の問題。人々の集合無意識。都市の残像。
シビアに、時にユーモラスに、大胆かつ細心に描かれる「8分間」という「はざまの時間」。
その他注意事項
スタッフ 照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
美術○じょん万次郎
衣裳○大野典子
音楽○太田惠資
振付○矢内原美邦
舞台監督○多和田仁 三津久
テクニカルアドバイザー○森下紀彦
演出助手○城田美樹
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
美術助手○福田陽子
衣裳補佐○ぴんくぱんだー・卯月
イラスト○三田晴代
宣伝意匠○高崎勝也
協力○浅井企画 T-ARTIST DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 鈴木菜子

[情報提供] 2014/10/25 15:50 by 燐光群制作部

[最終更新] 2014/12/14 21:56 by 燐光群制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大