その他

高山明/Port B 《横浜コミューン》(ライブ・インスタレーション)

第8話 漂流を招き入れる旅、漂流を映しこむ海

Port B(ポルト・ビー)

nitehi works(神奈川県)

2014/10/30 (木) ~ 2014/11/03 (月) 公演終了

上演時間:

高山明/Port Bは、本作「横浜コミューン」において、横浜のアジア・コミュニティのリサーチから「日本/語」を問い直します。
現在、横浜美術館に展示されているのは、さまざまな理由で故郷を追われ、日本に辿り着いたインドシナ難民の日本語。
この展示が10月30日から黄金町に舞台を移し、「日本語...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/30 (木) ~ 2014/11/03 (月)
劇場 nitehi works
出演 ドゥ・バン・チャン、ファム・ティ・キム・ロン、安達真喜、ロス・レアセイ、タック・フン、楠木立成、シンカムタン・レック、新岡史浩、松橋南里、サオ・メイ、邵美珠、宮沢愛子、ほか
脚本
演出 高山明
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
入場無料。
サイト

http://www.yokohamatriennale.jp/2014/event/2014/07/post36.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月30日(木)~11月2日(日)16時~19時(開場15時30分)
11月3日(月・祝)15時~18時(開場14時30分)
※開催時間は変更する可能性があります。
説明 高山明/Port Bは、本作「横浜コミューン」において、横浜のアジア・コミュニティのリサーチから「日本/語」を問い直します。
現在、横浜美術館に展示されているのは、さまざまな理由で故郷を追われ、日本に辿り着いたインドシナ難民の日本語。
この展示が10月30日から黄金町に舞台を移し、「日本語教室」を模したライブ・インスタレーションに形を変えます。
教材として使われるのは「華氏451」。教室はその「上演」としても体験していただけます。
その他注意事項
スタッフ 構成・演出:高山 明
字幕監修・日本語翻訳:林 立騎(Port観光リサーチセンター)/英語翻訳:アンドリューズ・ウィリアム/制作・リサーチ:田中沙季(Port観光リサーチセンター)/リサーチサポート:箭内聖司 /音源・字幕制作:宇賀神雅裕
装置:江連亜花里/舞台監督:清水義幸(カフンタ)/音響・ラジオ:井上達夫
映像:藤井 光/記録写真:蓮沼昌宏/デザイン:大岡寛典事務所/コーディネーター:及位友美(voids)
協力:東京芸術大学・桂英史研究室、伊藤裕子(NPO法人在日本ラオス協会、NPO法人在日カンボジアコミュニティ)
製作:一般社団法人Port B

[情報提供] 2014/10/10 16:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/10/10 16:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大