10月企画公演 古典の日記念・雪景色

0 お気に入りチラシにする

国立劇場

国立能楽堂(東京都)

2014/10/31 (金) ~ 2014/10/31 (金) 公演終了

上演時間:

平成20年11月に宣言された「古典の日」を祈念し、冬へと向かうこの季節、静謐な「雪景色」へといざないます。次世代の古典作品を見据え、新作の初演にも挑みます。

雪景色

新作小舞 雪づくし(ゆきづくし)  野村 万作

新作小舞 雪逍遥(ゆきしょうよう)  山本 東次郎

舞踊...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/31 (金) ~ 2014/10/31 (金)
劇場 国立能楽堂
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,200円 ~ 6,300円
【発売日】
正 面=6300円
脇正面=4800円(学生3400円)
中正面=3200円(学生2200円)
サイト

http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/nou/2014/10129.html?lan=j

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 平成20年11月に宣言された「古典の日」を祈念し、冬へと向かうこの季節、静謐な「雪景色」へといざないます。次世代の古典作品を見据え、新作の初演にも挑みます。

雪景色

新作小舞 雪づくし(ゆきづくし)  野村 万作

新作小舞 雪逍遥(ゆきしょうよう)  山本 東次郎

舞踊・箏曲 鉢の木(はちのき)  
 山勢 松韻
 西川 箕乃助
 花柳 寿楽


能  雪(ゆき) 雪踏之拍子(せっとうのひょうし)  金剛 永謹(金剛流)



新作小舞
和泉・大蔵両流の人間国宝による狂言小舞の初演、競演です。両氏がそれぞれ作詞・節付・型付。「雪」をテーマにどのような世界が繰り広げられるでしょうか。

舞踊・箏曲「鉢の木」
箏曲「鉢の木」は大正末頃に能「鉢木」をもとに創作された名曲。今回は舞踊作品として振付がなされ、舞踊(素踊り)と箏曲が能舞台で融合、作品に新たな息吹が吹き込まれます。こちらも本邦初演です。

能「雪」
にわかの大雪の中ふと現れた雪の精は、音もなく降り積もる雪のように軽やかに舞を舞います。金剛流でのみ演じられる曲で、雪中での足使いが表現されるなど、静々とした銀世界の余韻がいつまでも残る作品です。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/10/04 06:26 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/10/04 06:27 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大