細川俊夫作曲「大鴉ーメゾソプラノと12の奏者のためのモノドラマ」日本初演(コンサート版)

0 お気に入りチラシにする

アンサンブル・ルシリン

津田ホール(東京都)

2014/10/27 (月) ~ 2014/10/27 (月) 公演終了

上演時間:

毎年3月に開催されるベルギーの現代音楽フェスティバル「アルス・ムジカ」で、2012年3月17日に世界初演された細川俊夫の新作モノドラマ《大鴉》。台本は、エドガー・アラン・ポーの同名の詩。
2014年の来日公演では、2012年5月に同じくブリュッセルで世界初演され、大成功を収めた細川の3作目...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/27 (月) ~ 2014/10/27 (月)
劇場 津田ホール
出演 川瀬賢太郎、シャルロッテ・ヘレカント、アンサンブル・ルシリン、横内正
作曲 細川俊夫
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,500円
【発売日】
一般/前売り 4,000円 当日 4,500円
学生/2,000円
サイト

http://okamura-co.com/ja/events/Lucilin-the-raven/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 18:30開場/19:00開演
説明 毎年3月に開催されるベルギーの現代音楽フェスティバル「アルス・ムジカ」で、2012年3月17日に世界初演された細川俊夫の新作モノドラマ《大鴉》。台本は、エドガー・アラン・ポーの同名の詩。
2014年の来日公演では、2012年5月に同じくブリュッセルで世界初演され、大成功を収めた細川の3作目のオペラ《松風》において村雨役を務めた世界的歌手シャルロット・ヘレカントをメゾソプラノ独唱に迎え、演奏はこの作品を細川に委嘱した現代音楽グループアンサンブル・ルシリンが担当。彼らは、ルクセンブルクを拠点として活躍している。
指揮はアムステルダム公演で共演した日本人若手ホープ、川瀬賢太郎が担う。

【プログラム】 

[1部]
・クロード・レナース:弦楽三重奏のための“稲妻の向こうで、赤”
・ブルーノ・マントヴァーニ:フルートのためのホップラと“ペタンク玉”
・マルセル・ロイター:クラリネット、ヴィオラ、ピアノのためのインターリュード
・トリスタン・ミュライユ:フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロのための秘密の小舟
[2部]
・ポー:大鴉 朗読/横内 正
・細川 俊夫:大鴉 - メゾソプラノと12の奏者のためのモノドラマ」(コンサート版)

主催:アンサンブル・ルシリン、津田ホール
助成:在日ルクセンブルク大公国大使館、ルクセンブルク大公国文化省 
後援:Music LX、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、スウェーデン大使館
その他注意事項 未就学児童入場不可
学生券:当日、学生証提示要
スタッフ 照明演出:佐藤美晴
制作:オカムラ&カンパニー

[情報提供] 2014/09/19 14:17 by オカムラ&カンパニー

[最終更新] 2014/09/19 14:22 by オカムラ&カンパニー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大