演劇

250km圏内 第4回公演

Love&Peace

愛を、語る。

250km圏内

シアターねこ(愛媛県)

他劇場あり:

2014/11/15 (土) ~ 2014/11/16 (日) 公演終了

上演時間:

250km圏内が、11月に愛媛県松山市に1週間の短期留学して創作する新作『Love&Peace』を、
松山と東京で上演します。

「観客に学ぶ」をコンセプトに愛媛県松山市に1週間滞在し、
1.集中できる環境での創作、2.地元演劇人を対象としたワークショップの実施、3.演劇作品の上演、を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/11/15 (土) ~ 2014/11/16 (日)
劇場 シアターねこ
出演 黒田真史、宮尾昌宏、桐澤千晶
脚本 樋口ミユ、ほか
演出 小嶋一郎
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,500円
【発売日】
一般 web予約 2000円、当日 2500円
学生 web予約 1500円、当日 2000円
18歳以下 無料 (要web予約)
サイト

http://nearfukushima.blogspot.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2014年 11月
15日(土)14:00開演  ・  19:00開演
16日(日)14:00開演
説明 250km圏内が、11月に愛媛県松山市に1週間の短期留学して創作する新作『Love&Peace』を、
松山と東京で上演します。

「観客に学ぶ」をコンセプトに愛媛県松山市に1週間滞在し、
1.集中できる環境での創作、2.地元演劇人を対象としたワークショップの実施、3.演劇作品の上演、を行います。

[作品について]

8月6日午前8時に何気なくつけていたテレビで、広島の慰霊祭の映像が流れた。
それを見ていた私は「語り継ぐことの大切さ」を感じつつも、「誰が、誰に、何を語り継ぐのか」を考えていた。
その前日、テレビでは原爆体験を語る「語りべ」の減少を報じていた。
当事者の老いは分かる。
しかし、本来当事者性を問わないはずの語りべが、減少するとはどういうことなのか。

今回の作品では「今、何をする(語る)べきか」という問いの立て方ではなくて、「未来に、何を語り継ぐのか」という問いの立て方をしてみたい。
前者は現在生きている人を対象としているが、後者は未来に生きる人々を対象としている。
未来と言っても100年200年の話ではなくて、未来の自分の孫に何を語り継ぐのかを考えたい。
(リアルに想像できる未来に生きる人間は孫だと思う。)
たかだか50年後の世界を想像し、今のうちから、何を語り継ぐのかを考えたい。

いや。むしろ、今すぐ語り継ぎたい。
語り継ぐのは老人の特権じゃない。誰でも今すぐできる行為だ。
自分より若い人間は、あなたの周りにも大勢いる。
語り継ぐ中身は心配しなくてもいい。
あなたにとって「切実なこと」を語ることが大事。
継ぐかどうかは聞き手が判断してくれる。誰でも語りべになれる。
いつやるか、今でしょ?
その他注意事項
スタッフ ドラマトゥルグ 高田斉
照明 矢口友朗

[情報提供] 2014/09/16 09:19 by 小嶋

[最終更新] 2014/11/24 09:55 by 小嶋

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大