舞踊・バレエ

アーキタンツ・スタジオパフォーマンスシリーズ vol.6

【Jean-Guillaume Weis PROJECT ダブル・ビル】

スタジオアーキタンツ

studio ARCHITANZ(東京都)

2014/09/15 (月) ~ 2014/09/15 (月) 公演終了

上演時間:

【ダブル・ビル】
マーク・モリス・ダンスグループ、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団、タンツテアター・バーゼルで活躍後、自身のカンパニーを立ち上げたジャンによる、日本人ダンサーとのコラボレーション・ワーク。

このプロジェクトのきっかけは、当時18歳だったジャンが、23歳の中村しんじとの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/09/15 (月) ~ 2014/09/15 (月)
劇場 studio ARCHITANZ
出演 川野眞子、ジャン=ギョーム・ヴァイス
演出 ジャン=ギョーム・ヴァイス
振付 ジャン=ギョーム・ヴァイス、中村しんじ
料金(1枚あたり) 1,500円 ~
【発売日】
前売り・当日 1,500円
サイト

http://www.a-tanz.com/dance/stpf_vol6_top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2014年9月15日(月・祝) 18:30 開演 (開場18:20)
説明 【ダブル・ビル】
マーク・モリス・ダンスグループ、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団、タンツテアター・バーゼルで活躍後、自身のカンパニーを立ち上げたジャンによる、日本人ダンサーとのコラボレーション・ワーク。

このプロジェクトのきっかけは、当時18歳だったジャンが、23歳の中村しんじとの出会ったことに遡る。
ダンスに関わり続けた2人の振付家が生み出す大人のコミュニケーション。
その媒体となるのは、ダンサー川野眞子。
川野眞子にジャン、中村しんじの2人が、少しづつ振り付け、1本の作品とし提示します。

また、同時に、日本人若手ダンサーにジャンが振付をするワークショップ・ピースも制作。
この ダブル・ビル(2本立て)で 9月15日(祝・月)にスタジオ・ショウイングを行います。


<作品1>出演:川野眞子 
     振付:中村しんじ、ジャン=ギョーム・ヴァイス

<作品2>出演:ワークショップ受講生 
     振付:ジャン=ギョーム・ヴァイス

<アフタートーク>出演:中村しんじ、ジャン=ギョーム・ヴァイス、川野眞子
         ダンスの概念、知識、形式を超えた人間と向き合う面白さについて語らう。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/09/03 17:56 by スタジオアーキタンツ

[最終更新] 2014/09/03 17:58 by スタジオアーキタンツ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大