演劇

アトリエS-pace1周年企画「裸の劇場」参加公演

仙台→大阪→福島 <満塁鳥王一座+三角フラスコ SHOWCASE TOUR 2008>

演劇

アトリエS-pace1周年企画「裸の劇場」参加公演

チヨコレイト

仙台→大阪→福島 <満塁鳥王一座+三角フラスコ SHOWCASE TOUR 2008>

三角フラスコ

エル・パーク仙台 スタジオホール(宮城県)

他劇場あり:

2008/04/08 (火) ~ 2008/04/11 (金) 公演終了

休演日:9日(水)・10日(木)

上演時間:

知らないうちに、溶けてしまっているのかもしれない。
もしかしたらもう、溶け出しているのかもしれない。

女は憂鬱だった。自分の周りで、自分とは関係のないことがおきている。それはとても漠然とした憂鬱だ。ごく普通のOLの、歪んでいく日常。彼女は内側に狂気を隠した。ここに一冊の日記がある。そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/04/08 (火) ~ 2008/04/11 (金)
劇場 エル・パーク仙台 スタジオホール
出演 瀧原弘子、外崎伸、澁谷浩次
脚本 生田恵
演出 生田恵
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】2008/01/18
前売・当日 2.000円
U-22割 1,000円 (WEB予約のみ・各回限定20枚)
サイト

http://www.frascoweb.jp/play/play28/play28.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 知らないうちに、溶けてしまっているのかもしれない。
もしかしたらもう、溶け出しているのかもしれない。

女は憂鬱だった。自分の周りで、自分とは関係のないことがおきている。それはとても漠然とした憂鬱だ。ごく普通のOLの、歪んでいく日常。彼女は内側に狂気を隠した。ここに一冊の日記がある。それは、この作品のもう一つの物語。彼女は日記を読むことを密やかに楽しんだ。男は無関心だった。だから彼女は、男の前で日記を読むことをやめたのだ。漠然とした憂鬱がより具体的になるとき、憂鬱は憂鬱じゃなくなるんだろうか。

三角フラスコ2008年第一弾公演。
最小限の照明、音響、舞台。

出演者に実力派俳優・外崎伸、音楽家・澁谷浩次を迎えて
シンプルで豊かな世界をお届けします。
その他注意事項 【仙台公演】
4月8日(火)マチネ:昼ギャザ&無料託児サービス
4月11日(金)ソワレ:ポストパフォーマンストーク有り
【大阪公演】
4月18日(金)ソワレ:ポストパフォーマンストーク有り
【福島公演】
満塁鳥王一座「エレクトラ」と2本立て上演

【全公演】
未就学児、入場不可
スタッフ

[情報提供] 2008/01/10 22:16 by モリ

[最終更新] 2008/08/04 00:15 by モリ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

shibuya

shibuya(0)

出演しています。

たきちゃん

たきちゃん(0)

出演します。

メグ

メグ(0)

作・演出をしています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大