演劇

Bunkamura25周年記念

ジュリエット通り

Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2014/10/08 (水) ~ 2014/10/31 (金) 公演終了

休演日:10/14,21,28

上演時間:

Bunkamura25周年記念を飾る岩松了作・演出作品は、シアターコクーンプロデュース公演6作目の書き下ろしとなる 「ジュリエット通り」。そのタイトルからはW. シェイクスピア「ロミオとジュリエット」を連想するが、日本のチェーホフと呼ばれ、人間内部で無意識に動く感情を緻密に追う岩松了は、もちろ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/08 (水) ~ 2014/10/31 (金)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 風間杜夫、安田章大、大政絢、渡辺真起子、池津祥子、東風万智子、趣里、ペジョンミョン、大鶴佐助、井元まほ、荒井萌、石住昭彦、石田登星、烏丸せつこ、高岡早紀
脚本 岩松了
演出 岩松了
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 10,000円
【発売日】
S・¥10,000 A・¥8,000 コクーンシート・¥5,500(税込)
※コクーンシートはBunkamuraチケットセンターとチケットぴあのみの取り扱い。見づらいお席となりますので、予めご了承ください。
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/14_Juliet/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 Bunkamura25周年記念を飾る岩松了作・演出作品は、シアターコクーンプロデュース公演6作目の書き下ろしとなる 「ジュリエット通り」。そのタイトルからはW. シェイクスピア「ロミオとジュリエット」を連想するが、日本のチェーホフと呼ばれ、人間内部で無意識に動く感情を緻密に追う岩松了は、もちろんそれを単純にトレースしない。むしろ「ロミオとジュリエット」のような無垢でドラマチックな純愛に対して、21 世紀に演劇をつくる人間はどんなラブストーリーを提示できるのか。彼らのような生まれたままの素直な感情をあらかじめ奪われた恋人たちが迷い込んだ迷路を、富裕層相手の高級娼婦館で働く、ご普通のありふれた主婦たちの売春を背景に描いていく。2004年、当劇場芸術監督・蜷川幸雄にはじめて書き下ろした「シブヤから遠く離れて」以来、恋する妊婦( 08 )、「シダの群れ」シリーズ3作( 10 、12 、13 )と、次々と話題作を生み出し、還暦を過ぎてなお精力的に活躍する岩松了のあらたなる挑戦にご期待ください。

岩松版「ロミオとジュリエット」を演じるのは、今年CD デビュー 10 周年でグループ活動での躍進もさることながら、近年俳優としての活躍も目覚ましい関ジャニ∞安田章大と、 ドラマや映画で着実に女優としてステップアップを遂げいる若手成長株の大政 絢を大抜擢。父への複雑な感情と、嫌悪すら持っていた女への“愛”に目覚め激しい恋情に自分をコントロールできない安田演じる“太一=ロミオ”、知られざる過去を持つ娼婦でありながら純粋な太一に惹かれてしまう大政演じる“スイレン=ジュリエット”。障害の中でどのように太一は恋を貫くのか。現代版「ロミオとジュリエット」に真っ向から挑む安田章大が、本作で新境地を開きます。さらに 、物語を厚くする豪華共演者に21年振りに岩松作品挑戦する、 潔さと繊細さを 併せ持った演技が魅力の高岡早紀 、映像のみならず舞台でも話題作への出演が続く演技派の 渡辺真起子 満を持して今回が初舞台となる銀幕のマドンナ、烏丸せつこ 、重厚長大な演技から軽妙洒脱をも兼ね備えた実力派の風間杜夫など、華と実力を誇るキャスト陣が顔を揃えました。
いまだ かつて誰も見たことのない、岩松了が描く現代人のための恋愛物語、ぜひご堪能ください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/09/01 16:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/09/01 17:01 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大