PARC 国際舞台芸術交流センター

WWW(東京都)

2014/11/11 (火) ~ 2014/11/11 (火) 公演終了

上演時間:

ケイス・ブルーム + 工藤礼子

歌を作って歌うことは人間に本来的に備わった能力

強いて言えば「エミルー・ハリスの深い源泉、ルー・リードの痛切な歌詞、マヘル・シャラル・ハシュ・バズあるいはジョニ・ミッチェルの歓び」(公式サイトより)に近いという伝説的シンガー/ソングライター、ケイス・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/11/11 (火) ~ 2014/11/11 (火)
劇場 WWW
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2014/08/30
前売 2,500円/当日 3,000円
サイト

http://www.soundlivetokyo.com/2014/bloom_kudo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月11日(火)19:00開場/19:30開演
説明 ケイス・ブルーム + 工藤礼子

歌を作って歌うことは人間に本来的に備わった能力

強いて言えば「エミルー・ハリスの深い源泉、ルー・リードの痛切な歌詞、マヘル・シャラル・ハシュ・バズあるいはジョニ・ミッチェルの歓び」(公式サイトより)に近いという伝説的シンガー/ソングライター、ケイス・ブルームの音楽と言葉は、カントリー、フォーク、ブルースといったアメリカ民俗音楽とも言うべき音楽的語彙を奇を衒うことなく用いていながらあくまで現代的な響きを持ち、誰にもジャンルを特定することができず、ただ直接的で深い感動を喚び起こします。1970年代から80年代半ばにかけて、ローレン・(マザケイン・)コナーズ、トム・ハンフォードらとの共同作業で数々の傑作アルバムを少数限定盤で発表して以降、アルバムが絶版になるに任せ、作曲を続けながら地元で子供たちに音楽を教えたり馬を訓練したりしていたブルームは、リチャード・リンクレイター監督の映画『恋人までの距離(Before Sunrise)』(1995、音楽フレッド・フリス)で名曲『Come Here』が使われたことで再発見され、近年は精力的にアルバムを発表、2009年以降はツアー演奏も行っています。子供たち、特に幼児に音楽を教えることで「歌を作って歌うことは人間に本来的に備わった能力」であることが分かる、そして「カオティックで有害でもあり得る感情の痛みを、創造的なエネルギーに転化することで、子供や大人の人生は変容する」と言うブルームは、その能力を脇目も振らず極限まで掘り下げたアーティストでもあります。初来日です! 彼女を深くリスペクトする工藤礼子は、抑えようとしても浮上してくる「骨の中に閉じ込められた燃える火」(エレミヤ書20:9)のような言葉を、現実を記録する「速記者」のように歌にしているといいます。遠くて近い2人の孤高のシンガー/ソングライター、初の共演。お見逃しなく!
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/08/25 08:24 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/11/09 00:03 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大