演劇

早稲田小劇場どらま館起工記念

第7回 早稲田大学・美濃加茂市文化交流事業 学生演劇公演

演劇

早稲田小劇場どらま館起工記念

脱衣する蛹(さなぎ)

第7回 早稲田大学・美濃加茂市文化交流事業 学生演劇公演

ポーラは嘘をついた―Paralyzed Paula―

早稲田大学大隈記念講堂(東京都)

他劇場あり:

2014/08/29 (金) ~ 2014/08/29 (金) 公演終了

上演時間:

早稲田どらま館起工記念 第7回早稲田大学美濃加茂市交流事業 学生公演

(上演時間60分予定)

自分と他人を分ける線。世界と自分を分ける線。蛹の中身はどうなっている?

国境・死と生・夢と現実・水と空気・朝と夜・劇場と世界・男と女。境界線を隔てた中身はどろどろと、肌の下で流れ続け...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/08/29 (金) ~ 2014/08/29 (金)
劇場 早稲田大学大隈記念講堂
出演 福澤香織(劇団森)、峰松智弘(劇団百日紅御一行様)、他
脚本 鈴木りりせ
演出
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://paralyzed-paula.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月29日(金)17:00
説明 早稲田どらま館起工記念 第7回早稲田大学美濃加茂市交流事業 学生公演

(上演時間60分予定)

自分と他人を分ける線。世界と自分を分ける線。蛹の中身はどうなっている?

国境・死と生・夢と現実・水と空気・朝と夜・劇場と世界・男と女。境界線を隔てた中身はどろどろと、肌の下で流れ続ける。身体はいつだって、流動性なのだ。皮を脱いだら最後、ここではないどこかへと流れ出してしまう。


線を引く。消す。乱す。紐。チョーク。口紅。アイライン。定規。

がある日消える と、

森が広がっているのです、そこには


たくさんの蛾に侵食されつつある女と、女の妄想に寄生された男。
妄想の虫が本物になるとき、世界は少しづつ逆流する。


その他注意事項 入場無料・予約不要・全席自由です。車いす席あり。
スタッフ 舞台監督 横山翔一(劇団森)
照明(美濃加茂) 井上真佑  照明操作 平見優子
照明(大隈記念講堂)桐島栄吉 照明操作 松尾春佳
音響 かわいあかね(ケベック)
制作 山岸大樹
制作補佐 井之口文女(劇団森)
宣伝美術 山崎萌
生活担当 竹中良介 山崎萌

[情報提供] 2014/06/17 03:41 by りりせ

[最終更新] 2014/09/08 09:53 by りりせ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

きっしー

きっしー(0)

在学中に美濃加茂市に行くのは小さな念願でした。少しでも...

ふくざわかおり

ふくざわかおり(0)

役者・俳優 宣伝美術

頑張ります!

いのくち あやめ

いのくち あやめ(0)

制作補佐です。よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大