SPAC・静岡県舞台芸術センター

三島市民文化会館(静岡県)

他劇場あり:

2014/11/27 (木) ~ 2014/11/28 (金) 公演終了

上演時間:

みどころ
太宰治の名作を実力派・安田雅弘が舞台化
2009年、劇団「山の手事情社」を主宰する演出家・安田雅弘により、太宰治作『走れメロス』がSPACで舞台化されました。女優3名版を制作した後、大きく演出を変え、男優2名版として創られたのが本作です。
1940年発表の小説『走れメロス』は友...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/11/27 (木) ~ 2014/11/28 (金)
劇場 三島市民文化会館
出演 大内米治、大道無門優也
脚本
演出 安田雅弘
料金(1枚あたり)
【発売日】
※一般販売はございません。
サイト

http://www.spac.or.jp/melos2014.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 みどころ
太宰治の名作を実力派・安田雅弘が舞台化
2009年、劇団「山の手事情社」を主宰する演出家・安田雅弘により、太宰治作『走れメロス』がSPACで舞台化されました。女優3名版を制作した後、大きく演出を変え、男優2名版として創られたのが本作です。
1940年発表の小説『走れメロス』は友情を描いた人気作で、今も広く親しまれています。安田演出では、原作を生かし戯曲化を行なっていません。しかも原作にない「読者」を登場させ、話の進行に疑問を抱きつつも次第に引き込まれていく、という新鮮な仕掛けで舞台化を実現しました。


あらすじ
牧童のメロスはシラクスの町でディオニス王の暴君ぶりを知り激怒する。王の殺害を決意し城に向かうが、捕らえられ処刑を宣告される。しかし妹の結婚式に出るため、親友セリヌンティウスを人質とし、3日間の猶予を得る。妹の結婚式を見届けたメロスは、シラクスへの帰路、たび重なる困難に遭遇しながらも走り続けるのだった……。
その他注意事項
スタッフ 構成・演出:安田雅弘
原作:太宰 治

[情報提供] 2014/07/29 17:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/07/29 17:38 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大