演劇

KYOTO EXPERIMENT 2014

光のない。

地点

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2014/10/18 (土) ~ 2014/10/19 (日) 公演終了

上演時間:

想像力の臨界へ、
声と光と身体が織りなす峻厳な風景は、終末なのか希望なのか

京都・北白川に自身のアトリエ「アンダースロー」をオープンさせ、定期的に作品を発表している劇団「地点」。独自の公演スタイルやチケットシステムに加え、ローカルからダイレクトに海外を射程に収めたその活動は、劇場・演劇...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/18 (土) ~ 2014/10/19 (日)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 地点
脚本 エルフリーデ・イェリネク
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2014/08/01
一般 前売 ¥3,500/当日 ¥4,000
ユース・学生 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
シニア 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
ペア ¥6,000(前売のみ)
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席指定
サイト

http://kyoto-ex.jp/2014/program/chiten/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 18日 (土) 19:00-
19日 (日) 14:00-*◎
*ポスト・パフォーマンス・トーク
◎託児サービスあり(有料・要予約)
※受付開始・当日券販売→開演の60分前
説明 想像力の臨界へ、
声と光と身体が織りなす峻厳な風景は、終末なのか希望なのか

京都・北白川に自身のアトリエ「アンダースロー」をオープンさせ、定期的に作品を発表している劇団「地点」。独自の公演スタイルやチケットシステムに加え、ローカルからダイレクトに海外を射程に収めたその活動は、劇場・演劇の公共性を問いかける彼らなりの態度表明ともいえる。そんな地点にとって、4回目の参加となるKYOTO EXPERIMENT。これまでは野心的な新作発表の場としてきたが、今年は、フェスティバル/ トーキョー12 で上演され、近年の最高傑作と評された『光のない。』を発表する。

『光のない。』は、オーストリアのノーベル賞作家エルフリーデ・イェリネクが東日本大震災と原発事故を受けて執筆した戯曲。地点は既存のテキストを、「地点語」とも評される特異な発話スタイルを駆使し、独自の解釈で上演してきたが、同時代の戯曲をあつかう機会は多くない。現実以上の現実の出来事に応答したこのテキストに対峙し、演劇の声と死者の声を響き合わせながら、「発話する主体」はどこにあるのか、その境界を鋭く問いかける。さらに、音楽家・三輪眞弘による生身の「音声装置」、建築家・木津潤平の空間構成を得て、音・声と身体が拮抗する圧倒的強度をもった空間が立ち上がる。希望の光が失われた状況と同時に、啓蒙の「光」が文明を進歩させた果ての光景を示す『光のない。』、人々の想像力を超えた風景が広がっている。
その他注意事項
スタッフ 音楽:三輪眞弘
美術:木津潤平

[情報提供] 2014/07/13 23:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/07/13 23:54 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大