KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術センター(京都府)

2014/10/09 (木) ~ 2014/10/11 (土) 公演終了

上演時間:

肉体と思考がせめぎ合う、濃密なる舞台。 アルゼンチンの新鋭コレオグラファーに世界の眼が注がれる

ブエノスアイレスを拠点に活動する、コロンビア人コレオグラファー、ルイス・ガレー。彼の知的スリルに満ちた2作品を初来日にして連続上演する。 『マネリエス』は、世界中の数々の都市で上演され、多くの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/10/09 (木) ~ 2014/10/11 (土)
劇場 京都芸術センター
出演
演出 ルイス・ガレー
振付 ルイス・ガレー
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】
一般 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
ユース・学生 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
シニア 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
ペア ¥4,000(前売のみ)
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由
サイト

http://kyoto-ex.jp/2014/program/luis/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月 9日 (木) 20:00-
10日 (金) 20:00-*
11日 (土) 13:00-◎
*ポスト・パフォーマンス・トーク有り
◎託児サービスあり(有料・要予約)
※受付開始・当日券販売→開演の60分前
説明 肉体と思考がせめぎ合う、濃密なる舞台。 アルゼンチンの新鋭コレオグラファーに世界の眼が注がれる

ブエノスアイレスを拠点に活動する、コロンビア人コレオグラファー、ルイス・ガレー。彼の知的スリルに満ちた2作品を初来日にして連続上演する。 『マネリエス』は、世界中の数々の都市で上演され、多くの観客を驚嘆させた話題のソロ作品。彼はダンサー、フロレンシア・ベシーノに、あえて精緻で厳格な振付を与え、彼女はそのスキルを余すところなく発揮し、限界ギリギリで応答する。表題『マネリエス(Maneries)』は、イタリア政治哲学の旗手ジョルジョ・アガンベン著「到来する共同体」の一節から採られている。躍動する肉体と先鋭的なコンセプトとの相克の中で、じりじりと舞台は進んでいく。

一方グループ作品『メンタルアクティヴィティ』は、「科学とは純粋な詩であり、逆に精神のはたらきは極めて物質的なものだ」という自身の仮説を舞台上で実証する意欲作。雑然とした空間に散りばめられたガジェット、それらと関係するダンサーたち。儀礼性と狂乱状態が渾然一体となった場で、知性の真の形態を探求する試みの行方は?才知あふれる南米の豪腕コレオグラファーの実力を目撃せよ。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/07/13 23:01 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/07/13 23:01 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大