演劇

スペイン/オルメド演劇祭 参加作品

ロマンス・愛と死 -オルメドの騎士‐(スペイン/オルメド公演)

ロペ・デ・ベガ作品

劇団クセックACT

Corrala Palacio del Caballero(コラーラ・パラシオ・デル・カバリェロ)(スペイン)

2014/07/21 (月) ~ 2014/07/21 (月) 公演終了

上演時間:

 生涯に2000近い戯曲を書き(現存するのは400ほど)、スペイン黄金世紀の演劇を確立させた劇作家ロペ・デ・ベガ(1562~1635)。
 彼の時代から100年ほど前に実際に起き、民謡にもなった殺人事件を元にして、スペイン人気質「名誉」や「体面」を主テーマにベガが書いた、悲恋物語。

 ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/07/21 (月) ~ 2014/07/21 (月)
劇場 Corrala Palacio del Caballero(コラーラ・パラシオ・デル・カバリェロ)
出演 榊原忠美、永野昌也、大崎勇人、玉川裕士、鈴村一也、山形龍平、火田詮子、平井智子、大西おに、柴田真佑、川瀬結貴
脚本 田尻陽一(翻訳・脚色)
演出 神宮寺啓(構成・演出・舞台美術)
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.ksec-act.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/21(木) 22:30
説明  生涯に2000近い戯曲を書き(現存するのは400ほど)、スペイン黄金世紀の演劇を確立させた劇作家ロペ・デ・ベガ(1562~1635)。
 彼の時代から100年ほど前に実際に起き、民謡にもなった殺人事件を元にして、スペイン人気質「名誉」や「体面」を主テーマにベガが書いた、悲恋物語。

 日本人特有の肉体性と言語表現によって、「動く絵画」と呼ばれるオリジナリティ豊かな舞台を作り上げる、愛知の劇団クセックACT。

 2013年に愛知・福井で上演された作品が、一年越しで、戯曲の舞台であるスペイン・オルメドの演劇祭で上演されます!
 
その他注意事項  ※総合演劇雑誌「テアトロ」(カモミール社)2014.7月号に、クセックACT2014『ラッパチーニの娘』リポート記事が掲載されました!
【「迷宮へと誘う「幸せな融合」-「ラッパチーニの娘」-】
桐山健一(演劇・舞踏ジャーナリスト)

 また、同号では、クセックACT・田尻陽一による、現代スペイン戯曲の翻訳も掲載されています。
【現代スペイン戯曲⑤ 「裸のナチ女子同盟」】
アルフレッド・サンソル 作
スタッフ 振付     永野昌也
舞台監督  鈴木寛史
照明     近藤忠光、吉戸俊佑
音響     田中徹、深澤伸友
衣装     ツボイヒロミ
写真     和玖瞬
記録     中川光宏
制作     橋下優美、山田吉輝、武田仁美

[情報提供] 2014/07/10 16:45 by tamagawaya_uc

[最終更新] 2014/07/17 10:29 by tamagawaya_uc

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

山形龍平

山形龍平(0)

役者・俳優 脚本 演出

出演しました。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大