明治座

明治座(東京都)

2007/05/04 (金) ~ 2007/05/28 (月) 公演終了

上演時間:

弥次郎は、「うそつき弥次郎」と異名をとるホラ吹き男。
廓にやって来ては、馴染みの遊女お梅相手に次々とホラを吹き始める。
だが弥次郎がお梅を思う気持ちにウソはなかった。
「待ってろよ、そのうち大儲けして身請けするからな」
「うれしい、あたし何年でも待ってる」
それから半年後。一攫千金を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/05/04 (金) ~ 2007/05/28 (月)
劇場 明治座
出演 風間杜夫、平田満、余貴美子、要潤、安倍麻美、他
脚本 水谷龍二
演出 水谷龍二
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 12,000円
【発売日】2007/03/24
ご観劇料(税込):A席12,000円 B席5,000円 C席2,500円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2007/05/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 弥次郎は、「うそつき弥次郎」と異名をとるホラ吹き男。
廓にやって来ては、馴染みの遊女お梅相手に次々とホラを吹き始める。
だが弥次郎がお梅を思う気持ちにウソはなかった。
「待ってろよ、そのうち大儲けして身請けするからな」
「うれしい、あたし何年でも待ってる」
それから半年後。一攫千金をねらった弥次郎は湯島天神の富くじでお梅にばったり出会う。今やお梅は度旅籠武蔵屋の主人に身請けされ、女将におさまっていた。がっくりくる弥次郎にお梅は頼み事をする。にわか女将であるお梅は、使用人たちにことごとく白い目で見られ、肩身の狭い思いをしているというのだ。
「弥次郎さん、私の味方になっておくれよ」
まだお梅に未練のある弥次郎は、二つ返事で引き受けた。
そこへ屈強な二人の男を供に従えた白髪の老人が通りかかる。
「ん?どっかで・・」
弥次郎は首を傾げた。この三人は、水戸黄門、助さん、格さんを名乗り寸借詐欺を働く輩だったのだ。
そのニセ黄門が、仇を捜しに江戸へやって来た志乃に一目惚れ、金を騙し取って逃げる筈が、助太刀する羽目に。
旅籠武蔵屋を舞台に巻き起こる大騒動。果たしてこの結末は。
そして弥次郎とお梅は目出度く結ばれるのか・・。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/01/07 18:22 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/08/14 05:05 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大