演劇

MDSカンパニー第2回公演

~プリゾニエ・ドゥ・マーク~

『ふたりのマリー』

0 お気に入りチラシにする

演劇

MDSカンパニー第2回公演

『ふたりのマリー』

~プリゾニエ・ドゥ・マーク~

水戸ドラマスタジオ

ひたちなか市文化会館 小ホール(茨城県)

2014/08/15 (金) ~ 2014/08/15 (金) 公演終了

上演時間:

バスチーユ要塞陥落から四半世紀。国民が手にしたはずの共和制は短期に崩壊し、クーデターによりナポレオンの帝政に移るが、やがてその皇帝もエルバ島へと追放され、再びブルボン家のルイ18世が即位し国王となった王政復古の時代。

某月某日、かつて王妃マリー・アントワネットがその最後の二ヶ月半を過ごし...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/08/15 (金) ~ 2014/08/15 (金)
劇場 ひたちなか市文化会館 小ホール
出演 MDSカンパニーメンバー
脚本 長谷川裕久
演出 長谷川裕久
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2014/07/01
前売り:2,000円 当日:2,500円
※全席自由。未就学児入場不可。
サイト

http://blog.livedoor.jp/fwnv8944-mitodramastudio/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月15日(金)14:00
8月15日(金)18:00
説明 バスチーユ要塞陥落から四半世紀。国民が手にしたはずの共和制は短期に崩壊し、クーデターによりナポレオンの帝政に移るが、やがてその皇帝もエルバ島へと追放され、再びブルボン家のルイ18世が即位し国王となった王政復古の時代。

某月某日、かつて王妃マリー・アントワネットがその最後の二ヶ月半を過ごしたコンシェルジュリー牢獄の一室に、とある人物の命により幾人かの者たちが強制収監される。そして収監者に課された使命は、マリー・アントワネットその人の真実の姿を物語ることだった…。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/06/16 20:22 by 水戸ドラマスタジオ

[最終更新] 2014/06/16 20:24 by 水戸ドラマスタジオ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大