わらび座

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2007/01/05 (金) ~ 2007/01/08 (月) 公演終了

上演時間:

 青森の鍛冶屋の息子として生まれた志功は、幼い頃から絵の才能に恵まれてはいたが、強度の近眼。家業が立ち行かなくなり、裁判所の給仕になった時に眼鏡を与えられ、「先生、見えすぎます!」と躍りあがった志功は、絵への情熱が爆発し、画家になる決心をする。
 ゴッホに触発され、画業のために上京した志功は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/01/05 (金) ~ 2007/01/08 (月)
劇場 東京芸術劇場 プレイハウス
出演 安達和平、阿部佐和子、他
作曲
脚本 齋藤 雅文
演出 西川信廣
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 6,500円
【発売日】
S-\6,000 A-\5,000 高校生以下-\1,000引(全席指定)当日-\500増
サイト

http://www.warabi.jp/munakata/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  青森の鍛冶屋の息子として生まれた志功は、幼い頃から絵の才能に恵まれてはいたが、強度の近眼。家業が立ち行かなくなり、裁判所の給仕になった時に眼鏡を与えられ、「先生、見えすぎます!」と躍りあがった志功は、絵への情熱が爆発し、画家になる決心をする。
 ゴッホに触発され、画業のために上京した志功は、挫折を繰り返しながらもついに帝展に入選。凱旋した故郷で、運命の人、チヤと出会い結婚する。チヤの愛情に包まれ、世界一の画家になると誓う志功。
 しかし、創作は行き詰まり、暮しは困窮を極めていく。独自の世界を見つけたくて突き進む志功を、チヤはどこまでもはげまし続ける。
そして、運命的な師との出会いが・・・。
その他注意事項
スタッフ 作・作詞    齋藤雅文
演 出    西川信廣
音 楽     飯島優
振 付     室町あかね
声楽指導    矢部玲司
津軽三味線   西はじめ
津軽民謡    福士あきみ
音楽協力    上田亨 
        日高哲英
録音エンジニア 山田正弘
美 術     朝倉摂
照 明    塚本悟
衣 裳     山田靖子
音 響     栗城恭子
小道具    平野忍
演出助手    小沢瞳
振付助手    安達真理
舞台監督    三重野一朗

[情報提供] 2007/01/07 17:55 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/01/07 17:59 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大