演劇

北区つかこうへい劇団12月公演

蒲田行進曲

正答派

北区つかこうへい劇団

滝野川会館 大ホール(もみじ)(東京都)

他劇場あり:

2006/12/05 (火) ~ 2006/12/08 (金) 公演終了

上演時間:

「そりゃあ、いずれはお前が売れるだろうさ。
でもな、今はオレがスターだ。
大学出のてめえに、必死に這い上がってきたオレのなにが分かるんだ!」

あの『蒲田行進曲』に新バージョン登場!

 映画スターの銀ちゃんと、銀ちゃんのためなら命も惜しくない大部屋ヤス。
 銀ちゃんは自分が身篭...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/12/05 (火) ~ 2006/12/08 (金)
劇場 滝野川会館 大ホール(もみじ)
出演 渡辺和徳、三浦祐介、高野愛、逸見輝羊
脚本 つかこうへい
演出 渡辺和徳
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】
サイト

http://www.tsuka.co.jp/kamata/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「そりゃあ、いずれはお前が売れるだろうさ。
でもな、今はオレがスターだ。
大学出のてめえに、必死に這い上がってきたオレのなにが分かるんだ!」

あの『蒲田行進曲』に新バージョン登場!

 映画スターの銀ちゃんと、銀ちゃんのためなら命も惜しくない大部屋ヤス。
 銀ちゃんは自分が身篭らせた女優・小夏をヤスに押し付ける。
 ヤスは銀ちゃんのため、生まれてくる子供のために、命を賭けた階段落ちに挑む・・・。

 不朽の名作と言われる「蒲田行進曲」のこの構成につかは自ら新たな解釈を持ち込む。
 スター・銀ちゃんは役者として行き詰まっており、大部屋・ヤスはこれから這い上がって来ようという期待の新人。ヤスは銀ちゃんを慕い、銀ちゃんはヤスを可愛がりながらもその才能に怯える。
銀ちゃん・ヤス・小夏はどのようにすれ違い、「階段落ち」は何を生み、銀幕は栄光と挫折をどのように映すのか!?つかはこの「蒲田」を『正答派』と銘打った・・・。
 実際、過去の「蒲田」の中で、ヤスは「早稲田の演劇科を出たエリート」という設定がしばしば出てきており、つか自身の中で長く芽吹いていた設定と思われる。そしてこの構成・演出・主演の大役に挑むのは渡辺和徳。役者として「熱海殺人事件」「飛龍伝」「ストリッパー物語」など数々のつか舞台に出演する傍ら、井上ひさし戯曲作法塾の講師を務め、RUP「あずみ」少年隊「PLAYZONE」など数々の有名舞台の脚本をしてきている。
 出演者はわずか四人。この冬、新たな「蒲田行進曲」が生まれようとしている!
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】森和貴【照明】ライズ【音響】吉田和一人

[情報提供] 2006/11/27 14:51 by 北区つかこうへい劇団

[最終更新] 2006/12/02 10:36 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大