演劇

第一回 映像EXPO 「八宝祭」 南区民V.S.コーナー(タケヒロアワー)

V.Sコーナーは、計3 or 2作品、各15分以内、映像を使ったパフォーマンス、演劇

よこがわ今昔ラブストーリー(広島会場・タケヒロアワー) /   フユキパフォーマンス(東京会場・フユキアワー)

デザイン:QMF / 「裏画像は、ノブワールド Hyper」 ホンコン編

0 お気に入りチラシにする

演劇

第一回 映像EXPO 「八宝祭」 南区民V.S.コーナー(タケヒロアワー)

よこがわ今昔ラブストーリー(広島会場・タケヒロアワー) / フユキパフォーマンス(東京会場・フユキアワー)

V.Sコーナーは、計3 or 2作品、各15分以内、映像を使ったパフォーマンス、演劇

QMF (Quest Movie Factory)

5日南区民文化センター 音楽室/4日 東区民文化センター 大会議室(広島県)

2015/04/05 (日) ~ 2015/04/05 (日) 公演終了

上演時間:

人は一人も出て来ない短編演劇。

懐かしい想い出、
やるせない感情、
ラジオから届く不思議なメッセージ。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画2

すべて見る

公演詳細

期間 2015/04/05 (日) ~ 2015/04/05 (日)
劇場 5日南区民文化センター 音楽室/4日 東区民文化センター 大会議室
出演 ラジヲ、映像、青春
脚本 Teruyasu.k
演出 Teruyasu.k
料金(1枚あたり) 500円 ~ 700円
【発売日】2015/04/05
4/4(土) 東区民文化センター 3階 大会議室 11:00 - 16:30
入場料 700円
紙人形劇ビデオ上映なども予定。

4/5(日) 南区民文化センター 3階 音楽室 9:50 - 12:30予定
入場料 500円 
短編演劇 ミニライブ+映像、16mmフィルムパフォーマンス 他
3月中旬から、区民文化センターにポスター掲示予定

6/19 東京会場 入場料1500円+ワンドリンクオーダー
サイト

http://www.geocities.jp/kato_teruyasu/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月5日(日) 9:50 - 12:30 第一回映像EXPO 「 八宝祭」
V.S.対決コーナー3作品, 映像を使用した演劇、パフォーマンス、ミニライブ15分以内
短編映画総上映時間90分予定も有

対決の勝負は、観客さまの投票(挙手)で行う。
オシャレな作品リストを観客さま、参加作家に配布予定。
非売品、非商業活動。短編演劇、紙芝居(の映像)上映及び研究会。

6/19(金) 23時からオールナイト 
東京 東横線「学芸大学」駅 アピア40にて 
王者フユキ 対 国際映画祭出演者の複合ジャンル対決

11月 アピア40にて、4月広島での勝者と6月東京での
勝者が、複合ジャンル対決を行う予定
--------------------------------------------------------------------
30年振りの、仁義無き戦いが帰ってきた!!!
イメージフォーラムチーム
(ハイロ上映会/三軒茶屋映像カーニバル/イメージフォーラムフェスティバル/北九州インディペンデント映画祭/ 他)と
広島の有力アーティスト、パフォーマー、映像作家、劇作家チームとの仁義無き 短編演劇、紙人形劇+詩の朗読の映像、ミニライブ+映像、実験映画、ラブロマンス 何でも有りの戦い!!!

観客の皆様も参加型で楽しめる、
何が出るか分からない、今からDokiDoki.
プロモーションビデオ11月から、一挙公開

※4月4日(土) 11時スタート 東区民文化センター(広島駅近く) 3階 大会議室にて。紙芝居の映像上映 他。
5日(日)南区役所前、南区民文化センターにて V.S.コーナーとショートムービーの上映有り。
映像EXPO vol.1 八宝祭2 
     vol.2 ?フェスティバル

6/19には、東京会場にて
王者フユキが映像+パフォーマンス(短編劇、自作の詩)で
対決コーナーを主宰
----------------------------------------------
<過去の関連演劇公演、複合ジャンル>
2013/2 「Meme」 ライブ++
セトラ主宰イベント
ライブ音に反応して、バック映像が華麗に変わる
SFの世界のような異次元ワールド
VJ  高田徹
音楽 CranUll

2013/6/16(日) 
「光、影、旋律」@青少年センター 
バグパイプの響きと最新の映像技術プロジェクションマッピングで ケルト神話世界観を表現します。
企画 アングラ劇場  
演出 吉松幸四郎

2012/6 「イータの衝撃」@キヲクの再生ビル4F ALL-ONE
青年の大切なキヲク。
何故、僕は絵を描くのだろう?何のために、誰のために。
演劇と映像の融合作品。主演:管雄一 / TAKE 他
この演劇は、映画に組みこまれて、映像祭で公開されます。
2015/5 三軒茶屋映像カーニバル出展 イータノショウゲキ2

2015 NOBUWORLD 最新パフォーマンス公開予定
   YOUTUBEで大人気の、ノブワールド!
説明 人は一人も出て来ない短編演劇。

懐かしい想い出、
やるせない感情、
ラジオから届く不思議なメッセージ。
その他注意事項 プロモーションPV、公開中!
スタッフ 海外映画祭参加のタケヒロ雄太
イメージフォーラムフェスティバルの招待作家マエダ・シゲル
広島の短編演劇作家のteruyasu.k
の3名が本気で繰り広げる映像を使ったパフォーマンス、短編演劇、ミニライブ!


観客さまは、リーズナブルな入場料で、個人映画、
実験映画、インスタレーション作品などを楽しめる
複合ジャンルの対決コーナーの勝敗は、
観客さまの挙手により決定。
クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大