演劇

三月革命実行委員会

NotaBlanca(宮城県)

他劇場あり:

2014/07/21 (月) ~ 2014/07/21 (月) 公演終了

上演時間:

題 名/「三月革命~どうして彼女は被災地にもどったのか?~ 」新潟・仙台凱旋公演
日 時/2014 年 7 月20日(日)14時〜 21日(祝)15時〜
会 場/新潟県立近代美術館(長岡市)194席・NotaBlanca(仙台市)75席
入場料/前売 2,200円・当日 2,500 円(...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/07/21 (月) ~ 2014/07/21 (月)
劇場 NotaBlanca
出演 佐藤優花、安西恵摩
脚本 渡邊八房
演出 渡邊八房
料金(1枚あたり) 2,200円 ~ 2,500円
【発売日】2014/05/05
前売2200円
当日2500円
サイト

http://tkpro.jp/3gatsukakumei/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 新潟公演 13時30分開場・14時00分開演
仙台凱旋公演 14時30分開場・15時00分開演
説明 題 名/「三月革命~どうして彼女は被災地にもどったのか?~ 」新潟・仙台凱旋公演
日 時/2014 年 7 月20日(日)14時〜 21日(祝)15時〜
会 場/新潟県立近代美術館(長岡市)194席・NotaBlanca(仙台市)75席
入場料/前売 2,200円・当日 2,500 円(お土産付)
脚 本/渡邊八房
演 出/渡邊八房
音 楽/sady
出 演/佐藤優花・安西恵摩他
企画・制作/studio8
主 催/「三月革命」実行委員会 http://tkpro.jp/3gatsukakumei/
後 援/株式会社TKシステムプロダクション・studio8・社団法人名取復興支援協会・劇団仙台ローズ・ちろりんentertainments・非営利目的団体薔薇のつぼみ・エマTVジャパン・河北新報社・TBC東北放送・ミヤギテレビ・エフエム仙台

※ポイント
新潟公演は前売りのみで、会場内での金銭の取り扱いは一切不可なので、振込となります。

■作品解説
本作品は、仙台を代表する作家・渡邊八房が、webTV番組「エマTV」での取材や、イベント「東北六魂祭」の プロデューサーなどの体験をもとに書き下ろした作品です。初演時は2時間近くものミュージカルでしたが、各地での上演を想定し、コ ンパクトにまとめたのが本作です。本作は物語部分の中に、被災者の手記集の朗読を入れるなど、現実と虚構を交差させ、「かつてあったけれども、これから起こりうる問題」として投げかけています。
2012年「仙台公演」では、アルバイト店員が被災した中で、世の中を知り、そして被災地に自分の居場所を見つけるという一人の女の子の物語でした。
翌2013年「名取公演・横浜公演」では、メインの舞台をテレビ局にうつし、マスコミとしての立場を通してみた内容で演出。
そして今年の「三月革命横浜アンコール公演」では、登場人物を大幅に変更し、一人の女優の視点から「被災するということ」を描いています。
震災から三年が経ったそれぞれの想いを感じていただければと思います。

■劇団仙台ローズ
2007年、映像・演劇・音楽が融合した独自のスタイル“平成ロックオペ ラ”「天国と地獄」を旗揚げ上演。
翌2008年には「那須短篇映画祭」の短篇映画のグランプリ受賞や、他県での舞台公演、一年間を通したロングラン上演など様々な形態での舞台活動を行なう。
2011年3月14日に三度「天国と地獄re-mix」を上演を予定するものの、その3日前に東日本大震災で中止。 主催である渡邊八房が復興支援団体を設立し活動を開始したため、事実上の解散状態となった。 しかし「演劇活動を通じて自分たちの想いを伝えたい」という団員の想いにより、「劇団仙台ローズ」として復活。2012年2月に、東日本大震災をテーマに したミュージカル「三月革命」を上演した。
その実績を認められ、2013年2月に社団法人仙台南法人会青年部会主催「三月革命」再演、そして3月に同作「横浜公演」を行った。

■出演
佐藤優花(さとうゆか) 劇団仙台ローズ所属。役者として様々な舞台に参加している他、近年は「おんなたちの見た3.11」等朗読などの活動も行なっている。

安西恵摩(あんざいえま) ちろりんENTERTINMENTS所属。劇団仙台ローズのサポートメンバーとして活躍する傍ら、冠番組「エマ TV」のメインMCを行なう等、多彩な活動をこなしている。

■渡邊八房(わたなべやつふさ) 作・演出を担当。探偵小説家の大家・故渡辺啓助氏と、写真家・丸山久雄氏に師事。今回の作品は復興支援団体での経験をベースに作品を執筆した。

■あらすじ
第60回「震災復興ショー」に出演する女優・木村リカの楽屋に現れる様々なキャラクターたち。そして彼女の手にした台本に隠された、あの日の秘密とは。そして再び登場する復興支援総合プロデューサー・森の画策とは?
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/05/17 17:32 by farq

[最終更新] 2014/05/27 13:36 by farq

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大