MNS TOKYO

世田谷パブリックシアター(東京都)

2014/06/12 (木) ~ 2014/06/15 (日) 公演終了

上演時間:

コンセプチュアルアートシアター『印象派』は、1993年にスタートした、夏木マリ自身のクリエーションによる、彼女の芸術、言葉と空間に対する戦いの場である。 この度、夏木マリがその戦いの場に取り上げた題材は「シンデレラ」。
「シンデレラ」は世界中に幾多もの解釈、様々なモチーフが用いられ、 70...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/06/12 (木) ~ 2014/06/15 (日)
劇場 世田谷パブリックシアター
出演 夏木マリ、西島千博、MNT(マリナツキテロワール)[町田正明/川本裕子/山﨑麻衣子/ノリエ・ハマナカ/小島功義/城俊彦/鈴木竜/近藤彩香/花島令]
脚本
演出 夏木マリ
料金(1枚あたり) 4,800円 ~ 5,800円
【発売日】2014/04/05
全席指定
一般 S席5,800円/A席4,800円

友の会会員割引 S席5,500円

せたがやアーツカード会員割引 S席5,600円
サイト

http://setagaya-pt.jp/theater_info/2014/06/_neo_vol2.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 コンセプチュアルアートシアター『印象派』は、1993年にスタートした、夏木マリ自身のクリエーションによる、彼女の芸術、言葉と空間に対する戦いの場である。 この度、夏木マリがその戦いの場に取り上げた題材は「シンデレラ」。
「シンデレラ」は世界中に幾多もの解釈、様々なモチーフが用いられ、 700以上のバリエーションの民話があるという。文献上、最古の「シンデレラ」とされているのは、9世紀、唐の時代の伝承、「葉限」という類話という説も。 時を超え、国境を超え「シンデレラ」は、絵画、演劇、オペラ、映画、アニメなどさまざまな芸術の題材となっている。 印象派NÉO vol.2 で夏木マリは、舞台上での圧倒的な美の象徴を求め、シンデレラに西島千博氏をキャスティング。
あらゆる既成概念を排除した先に、夏木マリが新たに解釈を加えた、印象派NÉOによる新しい「シンデレラ」がここに誕生する。
その他注意事項 ★ポストトーク開催決定★
6月15日(日)14時の回終演後、ポストトーク開催が決定しました。
※開催回以外のチケットをお持ちの方は、『夏木マリ 印象派NÉO vol.2』のチケットまたは半券をご提示いただければ終演後からご入場いただけます。
スタッフ [振付] 井手茂太/西島千博
[音楽] 斉藤ノヴ 
企画制作:MNS TOKYO
[主催] 日本テレビ/BS日テレ/MNS TOKYO [提携] 公益財団法人せたがや文化財団/世田谷パブリックシアター [後援] 世田谷区

[情報提供] 2014/04/02 18:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/06/16 10:26 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大