SIS Company

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2014/05/03 (土) ~ 2014/06/01 (日) 公演終了

休演日:5/7,14,21,28

上演時間:

アイルランドにルーツをもつ英国の人気劇作家であり、映画脚本家・監督としても快進撃を続けるマーティン・マクドナーの戯曲は、これまで日本でも数多く上演され高い評価を受けてきました。
彼の世界に登場する人物たちは、完全無欠のヒーロー、ヒロインとは無縁の存在なのですが、マクドナーは彼らをダークな笑い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/05/03 (土) ~ 2014/06/01 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 堤真一、瑛太、北村有起哉、木下あかり
脚本 マーティン・マクドナー
演出 小川絵梨子
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 7,500円
【発売日】2014/03/30
S席:¥7,500税込  A席:¥4,500税込
サイト

http://www.siscompany.com/west/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アイルランドにルーツをもつ英国の人気劇作家であり、映画脚本家・監督としても快進撃を続けるマーティン・マクドナーの戯曲は、これまで日本でも数多く上演され高い評価を受けてきました。
彼の世界に登場する人物たちは、完全無欠のヒーロー、ヒロインとは無縁の存在なのですが、マクドナーは彼らをダークな笑いでドライに描き、ある種の人間が醸し出す可笑しみと、人間のむき出しの感情をピュアに浮き彫りにしていくのです。その「悪夢の中で出会う真実」を、ダークなファンタジーととらえるか、救いのない陰惨な物語ととらえるのかは、観る人、読む人の判断とお好み次第なのですが、どの作品も、救いようのない人間たちの物語であるはずなのに、なぜか "不意打ち"にあったかのように、身体の奥底から心を揺さぶられるような感情が湧き上がってくることに驚かされます。そして、そのダークでシニカルな乾いた笑いの手触りとは裏腹に、清冽な余韻を残していくのです。
マーティン・マクドナーは、私たちの五感に刺激を与え続け、現代演劇をエキサイティングな領域へと牽引してくれる存在なのです。
 この度、そのマーティン・マクドナーの劇世界に、私たちシス・カンパニーが初めて挑むことになりました!

『ロンサム・ウェスト』は、1996年に衝撃的なデビューを果たした『ビューティ・クイーン・オブ・リーナン』に続けて発表した作品で、1997年6月に、アイルランド・ガルウェイの劇団Druid Theatre Companyによって初演。その翌月には、英国ロンドン・ロイヤル・コート・シアターで上演され、先の『ビューティ・~』、『コネマラの骸骨』と共に“リーナン三部作”と呼ばれ、世界的に人気が高い作品です。1999年には、英国上演版と同じキャストでブロードウェイ・ライセウム・シアターにて上演。同年のトニー賞作品賞と主演男優賞にノミネートされました。

 このアイルランド独特の空気感と閉塞感をまとい、登場人物4人だけで展開する物語に挑むのは、昨年一足早くマクドナー作『ピローマン』を演出し、2013年度の主だった多くの演劇賞を受賞した小川絵梨子。
翻訳にも才能を発揮する彼女が、アイリッシュ特有とも言える英語の言い回しやリズムを、どのように今回の翻訳に落とし込むのか、また、どんな切り口から攻め込んだ演出を見せるのか、ご期待ください。
 出演は、毎日、殺し合いのような喧嘩になってしまう“どうしようもない”兄弟に、堤真一 と瑛太。
堤は、2012年に、小川絵梨子演出『TOPDOG/UNDERDOG』で黒人兄弟の屈折した愛憎を演じ、小川とは2度目のタッグとなります。また、2013年NODA・MAP公演『MIWA』での伸びやかな存在感が魅力的だった瑛太が、ガラリと異なる劇世界に挑戦。この手触りの異なる翻訳劇で、舞台初共演となる2人が、どんな兄弟像を見せてくれるのか、注目が集まります。そして、今回、オーディションを突破し、紅一点「ガーリーン役」を射止めたのが、木下あかり です。これまで、長塚圭史演出『あかいくらやみ~天狗党幻譚』『冒した者』等に出演していますが、このダークな物語の中で、一筋の希望を感じさせる存在の少女役で、重要な役割を担うこととなりました。最後に、物語の要を握る飲んだくれの聖職者:ウェルシュ神父には、映像・舞台の世界で、主役・脇役・ジャンルを問わず多彩な表現力を見せる北村有起哉が登場!
この4人の役者たちと演出家、そして、マクドナーの劇世界との化学反応に、是非ご期待ください!



物語は、コールマン(堤真一)とヴァレン(瑛太)のコナー兄弟、ウェルシュ神父(北村有起哉)、ガーリーン(木下あかり)という少女の4人だけの登場人物で展開。 アイルランドの西の涯の田舎村リーナンに住むコナー兄弟が、父親の葬儀を終えてウェルシュ神父と共に戻った場面から始まる。この兄弟はどちらも独身で、とにかく仲が悪い。それも食べ物や酒のことなど些細なことが発端で壮絶な喧嘩を繰り返している。この地に派遣され、まだ村の生活や人々になじめない神父は、おろおろするばかりで仲裁さえできない始末。
しかも、父親の死にも平然としている兄弟どころか、この村には、ほかにも肉親殺しがいるという噂…。
神父は村の殺伐とした現状に何もできない自分の無力さを嘆き、何かというと酒を手にするようになり、今ではすっかりアル中気味。
そんな救いがたい男性たちに対し、ガーリーンという少女は酒の密売で稼ぐしっかり者の17歳。可愛らしい容姿なのだが、言動はがさつであばずれ風で、何かと気弱な神父をからかったり、つっかかったりしながら神父にまとわりついている。
やがて、この最果ての地で、ウェルシュ神父は、ある決意を秘めた手紙をガーリーンに託す。
コナー兄弟のもとへと届けられたウェルシュ神父の決意は、このどうしようもない兄弟の胸に届くのだろうか・・・・。
その他注意事項
スタッフ 作 : マーティン・マクドナー
翻訳・演出 : 小川絵梨子
美術 : 二村 周作
照明 : 小川 幾雄
音響 : 加藤 温
衣装 : 伊賀 大介
ヘアメイク : 宮内 宏明
舞台監督 : 瀬崎 将孝
プロデューサー : 北村 明子
企画・製作 : シス・カンパニー

[情報提供] 2014/03/01 20:13 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/09/19 11:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大