『3.11企画』 終わりと始まり-演劇と詩とピアノによる時間の創造―

0 お気に入りチラシにする

桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュート(舞台芸術研究所)

PRUNUS HALL(桜美林大学内)(神奈川県)

2014/03/11 (火) ~ 2014/03/11 (火) 公演終了

上演時間:

始まりは終わりへと至り 終わりは次へのステップとなる

「終わりと始まり」

日本の現代演劇に強い影響を与えた太田省吾の戯曲「更地」と、ポーランドのノーベル賞作家ヴィスワヴァ・シンボルスカの誌、そして、同じくポーランドのショパンのピアノ曲を交えての、演劇と朗読をピアノによるコラボレーシ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/11 (火) ~ 2014/03/11 (火)
劇場 PRUNUS HALL(桜美林大学内)
出演 南一恵、今村俊一、千田美智子、梅村綾子、伊藤安那、福田絵里、後田真欧、内藤裕志
脚本
演出 高瀬久男
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】
一般 3000円 学生 1500円
*学生券は当日受付にて要学生証提示
サイト

http://www8.obirin.ac.jp/opai/work.php?no=95

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2014年3月11日(火)19時0分
説明 始まりは終わりへと至り 終わりは次へのステップとなる

「終わりと始まり」

日本の現代演劇に強い影響を与えた太田省吾の戯曲「更地」と、ポーランドのノーベル賞作家ヴィスワヴァ・シンボルスカの誌、そして、同じくポーランドのショパンのピアノ曲を交えての、演劇と朗読をピアノによるコラボレーション

新たな時間の創造です
その他注意事項
スタッフ 演出・構成 高瀬久男
(桜美林大学芸術文化学群演劇専修准教授/文学座)


ピアノ演奏 小早川朗子(桜美林大学専任講師)

原作 太田省吾「更地」/ヴィスワヴァ・シンボルスカ「終わりと始まり」訳詩:沼野充義 出典:未知谷

使用曲 フレデリック・ショパンのピアノ曲より

美術 乗峯雅寛(文学座)
照明プラン 中山奈美(文学座)
照明オペレート 赤間和夏
音響 丸田裕也(文学座)
舞台監督 熊木進
演出助手・宣伝美術 森さゆ里(文学座)
制作 萩谷早枝子

[情報提供] 2014/02/18 06:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/02/18 06:46 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大