舞踊・バレエ

小松原庸子スペイン舞踊団

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2014/03/15 (土) ~ 2014/03/16 (日) 公演終了

上演時間:

初めてコルドバを訪れた時から、スペインの画家フリオ・ロメロ・デ・トーレスの描く霧に包まれた幻想の女たちに魅せられ、舞踊化したいとの思いを募らせてきました。フラメンコを深く愛し、苦悩と喜びをカンテ・ホンドの中に見出したフリオは、フラメンコを単なるお祭り騒ぎではなく、民衆の詩として、描き続けました...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/15 (土) ~ 2014/03/16 (日)
劇場 東京芸術劇場 プレイハウス
出演 マルコ・バルガス、ダビ・サンチェス、クリスティアン・ペレス、アンドイッツ・ルイバル、奥濱春彦、ほか
演出
振付
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 12,000円
【発売日】
SS席12,000円、S席10,000円、A席8,000円(ネット価格7,500円)、B席6,000円(ネット価格5,500円)
*シニアチケット:65歳以上の方、SS席〜S席席は1,000円引きになります。シニアチケットご希望の方は、事務所(Tel03-3314-2568)まで、直接お申し込みください。
サイト

http://www.komatubara.com/events/2014/cordoba2014_top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 15日(土)17:30開演(17:00開場)
16日(日)14:00開演(13:30開場)
説明 初めてコルドバを訪れた時から、スペインの画家フリオ・ロメロ・デ・トーレスの描く霧に包まれた幻想の女たちに魅せられ、舞踊化したいとの思いを募らせてきました。フラメンコを深く愛し、苦悩と喜びをカンテ・ホンドの中に見出したフリオは、フラメンコを単なるお祭り騒ぎではなく、民衆の詩として、描き続けました。
画家が永遠のテーマとしてとらえた人生の喜びと悲しみを、舞台の上に描きたいとの私の思いが叶い ’92セビージャ万博記念コルドバ公演が実現し素晴らしい成功を収める事が出来ました。あれから10数年の歳月が過ぎた今、あの時描ききれなかったロメロ・デ・トーレスの名作の数々を再び取り上げ、成長した舞踊団と共に振付も新たに挑戦する事としました。彼が愛して止まなかったフラメンコの本質、ロルカの詩にも通じるアンダルシアと遙かなるアラブの文化が一つとなった類い稀な芸術に近づく作品になる事を願って居ります。
そして、ご来場の皆さまにスペインの人々に今も愛され続けている画家フリオ・ロメロ・デ・トーレスの作品を通してフラメンコの真髄を感じて頂けましたら幸いです。

小松原 庸子
その他注意事項
スタッフ 歌手
ナタリア・マリン
NATALIA MARIN
ラ・トゥリニ
LA TRINI
エル・プラテアオ
EL PLATEAO

ギタリスト
アントニオ・ゴンサレス
ANTONIO GONZALEZ
高橋紀博
NORIHIRO TAKAHASHI

[情報提供] 2014/02/17 09:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/02/17 09:13 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大