The Exception and The Rule ありえないこと、ふつうのこと

0 お気に入りチラシにする

Hauptbahnhof

人間座スタジオ(京都府)

2014/04/04 (金) ~ 2014/04/06 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ

砂漠で道に迷ったキャラバンで、とある商人が荷物持ちを撃ち殺した。
荷物持ちは水を差し出していたのだが、商人には石で殴りかかってきたように見えたからだ。
荷物持ちの未亡人が商人を訴えて裁判が始まる。
裁判長の判決はいかに?

ありえないことはありえないのか。
熾烈...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/04/04 (金) ~ 2014/04/06 (日)
劇場 人間座スタジオ
出演 阿形ゆうべ(ONEWAYTRIP)、高杉征司(K.I.T)、藤原大介(劇団飛び道具)、中嶋やすき、松原進典、市川タロ(デ)、桑村大和、中村彩乃、漁チハヤ、村田レナ(虹色結社)
脚本 ベルトルト・ブレヒト、金田一央紀
演出 金田一央紀
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 2,300円
【発売日】2014/03/03
前売当日共通2800円
学生2300円(要学生証)
サイト

http://theatre-hbf.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月4日(金)19:00
4月5日(土)14:00/17:00/20:00
4月6日(日)14:00/17:00

説明 あらすじ

砂漠で道に迷ったキャラバンで、とある商人が荷物持ちを撃ち殺した。
荷物持ちは水を差し出していたのだが、商人には石で殴りかかってきたように見えたからだ。
荷物持ちの未亡人が商人を訴えて裁判が始まる。
裁判長の判決はいかに?

ありえないことはありえないのか。
熾烈な競争社会で正直者が馬鹿を見る。


クイズ番組の出演で注目された金田一央紀が、
京都に拠点を移して発表する初の音楽劇。
音楽は映画・CMの作曲で活躍するフジモトヨシタカ。
出演は、いま京都で最も忙しい俳優の一人である藤原大介、高杉征司をはじめ、
19歳から76歳の俳優陣が皆さんを迎え入れます。
Hauptbahnhofがこれまで得意としてきたゼロ距離翻訳劇で
ブレヒトの『例外と原則』を新たに翻訳してお届けします。

その他注意事項
スタッフ 音楽:フジモトヨシタカ

舞台監督:浜村修司
舞台美術:丸山ともき
照明:真田貴吉
音響:北島淳
スタイリング:鷲尾華子

演出助手:大崎けんじ


[情報提供] 2014/02/06 00:55 by Hauptbahnhof

[最終更新] 2014/04/04 00:13 by Hauptbahnhof

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

Yumi

Yumi(7)

制作してます。

Hauptbahnhof

Hauptbahnhof(0)

ついに京都公演をします。拠点を京都に移してから初めての...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大