歌舞伎・伝統芸能

美内すずえ作「ガラスの仮面」より

新作能「紅天女(くれないてんにょ)」

中部日本放送

名古屋能楽堂(愛知県)

2014/03/02 (日) ~ 2014/03/02 (日) 公演終了

上演時間:

<プログラム>
お話/美内すずえ
新作能「紅天女」


1976年以来37年間、今なお連載が続く少女漫画の大ベストセラー「ガラスの仮面」。その中で至高の演劇、幻の名作として描かれるのが「紅天女」です。
国立能楽堂委嘱作品として平成18年、この「紅天女」が能に仕立てて上演され、大評判...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/02 (日) ~ 2014/03/02 (日)
劇場 名古屋能楽堂
出演 梅若玄祥、福王和幸、藤田六郎兵衛、ほか
脚本 美内すずえ
演出
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 11,000円
【発売日】
S席 ¥11,000、A席 ¥9,000、B席 ¥7,000(全席指定・税込)
サイト

http://hicbc.com/event/etc/20140302_kurenai/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2014年3月2日(日)13:00、17:00開演(2回公演)
説明 <プログラム>
お話/美内すずえ
新作能「紅天女」


1976年以来37年間、今なお連載が続く少女漫画の大ベストセラー「ガラスの仮面」。その中で至高の演劇、幻の名作として描かれるのが「紅天女」です。
国立能楽堂委嘱作品として平成18年、この「紅天女」が能に仕立てて上演され、大評判となりました。

漫画の作者・美内すずえの監修のもと、宝塚歌劇団の植紳爾が脚本を担当、梅若玄祥が演出・主演します。
いまだ漫画では「紅天女」の結末が語られておらず、能楽ファンのみならず少女漫画ファンも必見の舞台となるでしょう。
戦乱の世にくりひろげられる梅の精と仏師の恋の物語と、自然、平和への祈りを込めた天女の舞。
能の歴史に新たな一頁を刻んだ新作能「紅天女」が少女漫画の血をうけて上演されます。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/01/31 04:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/31 04:08 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大