歌舞伎・伝統芸能

日本伝統芸能振興会

曳舟文化センター(東京都)

2014/03/24 (月) ~ 2014/03/25 (火) 公演終了

上演時間:

第1部 「操り三番叟」
正月などおめでたい節目で上演されることの多い華やかな歌舞伎舞踊です。生身の人間がマリオネットになりきる妙、貢献との息の合った動きが見ものです。

第2部 日替わりプログラム
   24日「千代田こども歌舞伎」
   25日ワークショップ「歌舞伎の見方」

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/24 (月) ~ 2014/03/25 (火)
劇場 曳舟文化センター
出演 菊月喜千壽、千川貴楽、帆之亟、岡田臣也、花柳辰蔵、花柳寿美蔵
脚本
演出 竹柴源一
料金(1枚あたり) ~ 4,500円
【発売日】
サイト

http://www.atpa.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月24日(月)17:30
3月25日(火)11:00

説明 第1部 「操り三番叟」
正月などおめでたい節目で上演されることの多い華やかな歌舞伎舞踊です。生身の人間がマリオネットになりきる妙、貢献との息の合った動きが見ものです。

第2部 日替わりプログラム
   24日「千代田こども歌舞伎」
   25日ワークショップ「歌舞伎の見方」

第3部「弥作の鎌腹」
臣蔵外伝で最も有名なもののひとつ「いろは仮名四十七訓」です。仇討ちという大望を成し遂げようとする萱野和助、義理と人情の間で当惑する弥作、そして七太夫と弥作の市。悲壮感あふれるクライマックスも大きな見所です。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:大山慎一
照明:沼澤毅
音響:イタコオフィス
衣装:森由紀

[情報提供] 2014/01/24 14:53 by 日本伝統芸能振興会

[最終更新] 2014/01/28 12:08 by 日本伝統芸能振興会

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大