演劇

冬の劇場 [演劇] 劇場創造アカデミー4期生修了上演

戦争戯曲集・三部作

劇場創造アカデミー

座・高円寺1(東京都)

2014/02/26 (水) ~ 2014/03/01 (土) 公演終了

上演時間:

うわべだけの、安っぽく自分勝手な文化のために、
社会を壊し、地球を破滅させ、まだ来ぬ未来でさえ破壊する、私たち
    
……2013年1月 エドワード・ボンドから届いた手紙より


核戦争を扱った3つの作品で構成される、
イギリスの劇作家エドワード・ボンドの『戦争戯曲集』。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/26 (水) ~ 2014/03/01 (土)
劇場 座・高円寺1
出演 稲垣和俊、加藤亜実、居石竜治、丹澤美緒、馬場郁哉、藤田一陽、堀井和也、連木綿子、森衣里、桐沢千晶
脚本 エドワード・ボンド
演出 佐藤信、生田萬
料金(1枚あたり) 0円 ~ 1,000円
【発売日】
全席自由 
Aプロ/Bプロ 各1,000円(税込)
「なみちけ」ご使用になれます
※18歳以下の皆さんは無料です。発売日以降に、座・高円寺チケットボックスにご予約ください。
サイト

http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=984

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 うわべだけの、安っぽく自分勝手な文化のために、
社会を壊し、地球を破滅させ、まだ来ぬ未来でさえ破壊する、私たち
    
……2013年1月 エドワード・ボンドから届いた手紙より


核戦争を扱った3つの作品で構成される、
イギリスの劇作家エドワード・ボンドの『戦争戯曲集』。
ボンドがこの作品が書いた1980年代初め、
冷戦状態が続く世界では核兵器の開発と拡散が進み、核実験も多く行われました。
3・11以降、核や原発に対する世界の認識は急激に変化したにもかかわらず、
依然、民族間の紛争や対立は止まず、私たちは見えない核の脅威に晒され続けています……。

人間の過剰な欲求は、私たちから、共に生きるための価値観を見失わせてしまったのでしょうか。

今、演劇にできることは何か。
こう問い続けながら劇場創造アカデミーが修了上演として取り組んできた『戦争戯曲集』。
今回はいよいよ日本で初の試みとなる、第一部から第三部までの全編上演に挑みます。
人間と社会の在り方について様々な問いを投げかける本作の上演を通して、
わたしたちの「あした」を考える機会につなげていきたいと思います。どうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 訳:近藤弘幸
構成・演出:佐藤信、生田萬
ドラマトゥルク:長島確

美術:島次郎
照明:齋藤茂男
映像:飯名尚人
音響:島猛
殺陣:栗原直樹
衣裳:今村あずさ
メイクデザイン:清水悌
歌唱指導:伊藤和美
小道具:福田秋生
演出助手:鈴木章友
舞台監督:佐藤昭子
舞監助手:山﨑牧

演出部(4期生):アマンダ・ワデル、佐藤二葉、杉原徹平、高田斉

賛助出演:
下総源太朗
重盛次郎
占部房子

劇場創造アカデミー修了生:
荒木秀智(1期生)、
大浦千佳、竹田茂生、宮尾昌宏、山田宗一郎(2期生)、
石橋和也、田中ゆかり、吉田彰文(3期生)

[情報提供] 2014/01/20 08:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/20 08:06 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大