演劇

平成25年度なごや子どものための巡回劇場

作・演出 鹿目由紀

『ねがいごとパズル』

デザイン:立松泰博

0 お気に入りチラシにする

演劇

平成25年度なごや子どものための巡回劇場

『ねがいごとパズル』

作・演出 鹿目由紀

演劇人 冒険舎

名古屋市中村文化小劇場(愛知県)

他劇場あり:

2014/03/27 (木) ~ 2014/03/27 (木) 公演終了

上演時間:

ユウスケは『ガマン』が大嫌い。ゲームで遊ぶのが大好きで、宿題はやりたくないし妹のおやつは横取りだ。 そんなユウスケが「三つのねがい」というお話を読み始めると、突然絵本の中に吸い込まれてしまう。 本の世界に入ってしまったユウスケの手元にパズルのかけらが落ちてくる。集めてそろえれば元の世界に帰れる...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/03/27 (木) ~ 2014/03/27 (木)
劇場 名古屋市中村文化小劇場
出演 演劇人冒険舎、内藤美佐子、石田真子、入山彰介、浦川雅充、菊地麻生、山口雅也
脚本 鹿目由紀(あおきりみかん主宰)
演出 鹿目由紀(あおきりみかん主宰)
料金(1枚あたり) 700円 ~ 700円
【発売日】2014/01/15
3歳からおとなまで共通料金
3歳未満のお子様は、保護者の膝上での鑑賞とし、お席が必要な場合はチケットをお求め下さい。
サイト

http://www.bunka758.or.jp/id_kodomozyunkai2013.html#nakagawa-kodomo25shimo

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1回目 午前10時開場
     
     午前10時30分開演

2回目 午後1時30分開場
     
     午後2時開演 
説明 ユウスケは『ガマン』が大嫌い。ゲームで遊ぶのが大好きで、宿題はやりたくないし妹のおやつは横取りだ。 そんなユウスケが「三つのねがい」というお話を読み始めると、突然絵本の中に吸い込まれてしまう。 本の世界に入ってしまったユウスケの手元にパズルのかけらが落ちてくる。集めてそろえれば元の世界に帰れるかも、と母親想いの由作と願いを叶える旅に出る。由作の願いは母の眼を治す事なのだが、自分の願いを後へ回して頼まれた村人の願いを叶えてもらおうとする。それをユウスケが勝手にさえぎり仙人に由作の願いを頼んだとたん、激しい雷鳴と稲光が起こり、由作はどこかへ吹き飛んでしまった。
元の世界へ戻ったユウスケは、自分の早合点と身勝手な行動が由作を困らせた事に気づき心から悔やむ。 「ゲームじゃないのよ。してしまった事をリセットなんてできない、けれど取り戻すことは出来るでしょ。」と母親に励まされ、もう一度本の世界へ飛び込む。
 由作のために必死に走り出すユウスケ、そこへパズルのかけらがまた一つ…
どこからか落ちてくるパズルのかけらをはめ込む度にユウスケの心が温かく変わっていく。
さて、このパズルは完成するのでしょうか?さぁ一緒に解いてみようよ、自分のパズル♪
☆きっとアナタなりの素敵な答えが見つかるよ☆
その他注意事項 この公演は名古屋市の主催事業として、特別料金になっております。
「なごや子どものために巡回劇場」は、テレビなどでは味わえない生の舞台の感動を伝えたいと昭和55年より始まり各区を巡回しています。
スタッフ 美術
松井 真人(あおきりみかん)

照明
福井孝子(若尾綜合舞台)

衣装
中矢 惠子

[情報提供] 2014/01/09 17:18 by 冒険舎

[最終更新] 2014/03/04 14:18 by 冒険舎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大