演劇

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014) TPAMショーケース(公募プログラム)

演劇

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014) TPAMショーケース(公募プログラム)

カタルシツ 賽の河原

イキウメ

KAAT神奈川芸術劇場<アトリウム>(神奈川県)

2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日) 公演終了

上演時間:

賽の河原で積み石を崩すことが仕事の鬼は、最近腰が悪い。愛用の武器、金棒は短いうえ重いので、チタン製のゴルフクラブを購入。腰を曲げず、豪快に亡者の積み石を弾き飛ばす。積んでは崩す、その不毛なゲームに終わりはあるのか。短篇『賽の河原で踊りまくる亡霊』をベースにしたパフォーマンス。劇場を飛び出した形...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日)
劇場 KAAT神奈川芸術劇場<アトリウム>
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
無料・予約不要
サイト

http://www.tpam.or.jp/2014/program/showing/tpamshowcase/katarushitsu/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.14 Fri 20:00
2.15 Sat 16:30
2.16 Sun 18:00
説明 賽の河原で積み石を崩すことが仕事の鬼は、最近腰が悪い。愛用の武器、金棒は短いうえ重いので、チタン製のゴルフクラブを購入。腰を曲げず、豪快に亡者の積み石を弾き飛ばす。積んでは崩す、その不毛なゲームに終わりはあるのか。短篇『賽の河原で踊りまくる亡霊』をベースにしたパフォーマンス。劇場を飛び出した形で、TPAMショーケースに参加します。


カタルシツ
東京を拠点に活動するイキウメ(作・演出の前川知大と浜田信也、安井順平、伊勢佳世ら7名の俳優)が、劇団からはみ出した表現を求め、2013年から始めた別働隊。第1回公演『地下室の手記』では、ドストエフスキー原作を翻案。帝政ロシアの閉塞状況と現代日本を重ね合わせ、自意識の牢獄を描く。原作を忠実にトレースしつつ、会場は爆笑の渦となるパフォーマンスが話題を呼ぶ。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/01/06 20:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/02/22 05:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大