演劇

Doosan Art Center Produce

東京デスロック+第12言語演劇スタジオ

演劇

Doosan Art Center Produce

가모메 カルメギ

東京デスロック+第12言語演劇スタジオ

Doosan Art Center

Doosan Art Center Space111(韓国)

2013/10/01 (火) ~ 2013/10/26 (土) 公演終了

上演時間:

(以下Doosan Art Center Webサイト日本語訳)

『가모메 カルメギ』は、Doosan Art Center創作者育成プログラム支援アーティストである第12言語演劇スタジオ主宰のソン・ギウンと、東京デスロック主宰の多田淳之介による新作であり、1930年代後半の植民地朝鮮を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/01 (火) ~ 2013/10/26 (土)
劇場 Doosan Art Center Space111
出演 ソン・ヨジン、イ・ユンジェ、クォン・テッキ、夏目慎也、佐藤誠、オ・ミンジョン、ホ・ジョンド、佐山和泉、間野律子、ジョン・スジ、キム・ユリ、ホ・ジウォン
脚本 ソン・ギウン
演出 多田淳之介
料金(1枚あたり)
【発売日】
全席30,000ウォン
(全席自由/13歳以上入場可)
サイト

http://deathlock.specters.net/karumegi/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年10月1日(火)~26日(土)
火曜~金曜 19:30
土曜 14:00/19:00
日曜・祝日 15:00(10/3・10/9は祝日)
月曜 休演日
*10月23日(水)は15:00/19:30の2回公演
説明 (以下Doosan Art Center Webサイト日本語訳)

『가모메 カルメギ』は、Doosan Art Center創作者育成プログラム支援アーティストである第12言語演劇スタジオ主宰のソン・ギウンと、東京デスロック主宰の多田淳之介による新作であり、1930年代後半の植民地朝鮮を舞台に、チェーホフの『かもめ』を脚色します。
2013年5月にDoosan Art LABのワークショップ公演を終え、10月の本公演には韓国俳優8人と日本俳優4人が出演し、韓国語と日本語が混在するバイリンガル演劇として誕生します。
『小説家グボ氏の一日』を始め1930年代の言語と生活を探求してきたソン・ギウンの新作を、身体言語に基づいて感覚的に演出する演出家として韓国内でも注目を集める多田淳之介が再解釈し上演します。

〈ものがたり〉
植民地朝鮮の1936年の夏
新しい芸術を求める文学青年リュ・ギヒョクは、田舎の伯父チャ・ヌンピョの家で暮らしながら戯曲と小説を書いている。ギヒョクの母でありながら女優でもあるチャ・ヌンヒは、東京から日本の小説家、塚口次郎と共にギヒョクのところへ訪れる。
ある日の夕方、ギヒョクは家の近くにある湖でソン・スニムを主人公にした自分の戯曲を公演するが、ヌンヒと観客の反応に失望し、公演を中止してしまう。それから数日後、ギヒョクは自分が愛しているスニムが、塚口と近い関係になっていくことに気づき、苦しみながら自害事件を起こしてしまう。
リュ・ギヒョクとソン・スニム、塚口とチャ・ヌンヒの四角関係のほか、『カモメ』のさまざまな人物の間にさまざまな愛の感情が生まれる。そして彼らに戦争の影が近付いてくる。
その他注意事項
スタッフ 演出:多田淳之介
脚色/協力演出:ソン・ギウン
原作:チェーホフ「かもめ」
制作:Doosan Art Center
主催:Doosan Art Center、カルメギ・プロジェクト
協力/助成:セゾン文化財団、東京デスロック、第12言語演劇スタジオ
後援:Doosan、韓国文化芸術委員会

[情報提供] 2014/01/05 15:48 by しのぶ

[最終更新] 2014/01/05 15:57 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大