演劇

むすびじゅつ

此処か彼方処か、はたまた何処か?

ハプニング劇

アトリエみるめ

アトリエみるめ(静岡県)

2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日) 公演終了

上演時間:

SPAC×地域劇団の俳優たちによるドリームチームが、
静岡発のハプニングを巻き起こす……か?!
このたび、静岡県立美術館で開催される展覧会「グループ『幻触』と石子順造」展にあわ
せ、ハプニング劇『此処か彼方処か、はたまた何処か?』を上演する。これは、美術・マ
ンガ・演劇・映画・キッチュ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/14 (金) ~ 2014/02/16 (日)
劇場 アトリエみるめ
出演 大田夏子(劇団渡辺)、蔭山ひさ枝(劇団渡辺)、絢(やぶれ金魚)、大内米冶(SPAC)、桐島聡(劇団らせん劇場)、武石守正(SPAC)、友田領太(劇団静火)、望月夏哉(静岡あくとねっと)、百名哲、山本実幸(SPAC)、横山央(SPAC)、渡辺清楓
脚本 上杉清文、内山豊三郎
演出 大岡淳
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】
サイト

http://www.mirume.org/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2014年
2月14日(金)19:00~
2月15日(土)19:00~
2月16日(日)15:00~
説明 SPAC×地域劇団の俳優たちによるドリームチームが、
静岡発のハプニングを巻き起こす……か?!
このたび、静岡県立美術館で開催される展覧会「グループ『幻触』と石子順造」展にあわ
せ、ハプニング劇『此処か彼方処か、はたまた何処か?』を上演する。これは、美術・マ
ンガ・演劇・映画・キッチュと、ジャンルを問わない批評活動を展開した評論家・石子順
造が、かつて最大級の賛辞を寄せた芝居である。1967年、劇団「発見の会」の研究生公演
として初演されたこの作品は、ビートルズの歌の数々を散りばめ、埴谷雄高、ランボー、
中原中也らのテキストをコラージュし、混沌を混沌のままに叩きつけ、観客に新鮮な衝撃
を与えた。この後、作者・上杉清文は、異能の作家として活躍を開始することになる。学
生運動が高揚する騒然たる時代――1960年代において、「アンダーグラウンド」な芸術運動
に潜在していた可能性を、今改めて取り戻
その他注意事項 駐車場は、満車になりました。
ご予約のない方の駐車は、お断りします。
公共交通機関でお越しください。
スタッフ 美術・舞台監督 渡辺亮史(劇団渡辺)
照明 木藤歩
音響 荒木まや
作曲 宇波拓
衣裳 清千草
映像 山田泰士
宣伝美術 山田泰士・岩渕竜子
ドラマトゥルグ 佐々木冶己
演出助手 大石夢子
制作 一般社団法人 静岡アート支援機構

[情報提供] 2013/12/27 11:12 by 七間町このみる劇場 蔭山ひさ枝

[最終更新] 2014/02/11 18:42 by 七間町このみる劇場 蔭山ひさ枝

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

大岡淳

大岡淳(0)

演出を担当しています。

SPAC

SPAC(0)

SPAC票券担当です。

渡辺

渡辺(0)

美術を担当しています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大