演劇

劇団銅鑼公演NO.33

「死んでもいいかなぁ」そう思った時、不思議なワゴンが僕の前に停まった

演劇

劇団銅鑼公演NO.33

流星ワゴン

「死んでもいいかなぁ」そう思った時、不思議なワゴンが僕の前に停まった

劇団銅鑼

富山県教育文化会館(富山県)

他劇場あり:

2007/12/10 (月) ~ 2007/12/10 (月) 公演終了

上演時間:

直木賞作家・重松清、家族小説の新境地と話題になった小説を舞台化。
「死んでもいいかなぁ」そう思った時、僕の前に一台のオデッセイが停まった。それが旅の始まりだった。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/12/10 (月) ~ 2007/12/10 (月)
劇場 富山県教育文化会館
出演 館野元彦、馬渕真希、三田直門
脚本 青木豪
演出 磯村純
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】2007/06/18
当日+500円
サイト

http://www.gekidandora.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 直木賞作家・重松清、家族小説の新境地と話題になった小説を舞台化。
「死んでもいいかなぁ」そう思った時、僕の前に一台のオデッセイが停まった。それが旅の始まりだった。
その他注意事項 未就学児入場不可。
長久手13日公演終了後、アフタートーク有り。
磯村純(演出家・長久手町出身)×KEN(Pinkフラミンゴ)
スタッフ 原作:重松清(「流星ワゴン」講談社刊)

[情報提供] 2007/11/18 16:18 by 劇団銅鑼

[最終更新] 2008/10/08 00:25 by 劇団銅鑼

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

劇団銅鑼

劇団銅鑼(4)

役者・俳優 脚本 演出 舞台監督 制作

制作の平野です。 2002年度「本の雑誌」ベスト1に...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大