石野竜三・朗読劇プロジェクト

鮨處 八千代 信濃町煉瓦館店(東京都)

2013/12/28 (土) ~ 2013/12/30 (月) 公演終了

上演時間:

 天秤棒を担いで魚を商う勝五郎は、腕は良いのに酒におぼれ、とうとう暮らしが立ち行かなくなった。女房が拝むようにして仕事に出すと、浜で大金の入った財布を拾ってくる。するとその金で飲めや歌えのドンチャン騒ぎ。ところが後になって、財布を拾ったのは夢で、ドンチャン騒ぎだけが本当だったと知り……。
 ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/28 (土) ~ 2013/12/30 (月)
劇場 鮨處 八千代 信濃町煉瓦館店
出演 石野竜三
脚本 石野竜三
演出 石野竜三
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,500円
【発売日】2013/09/01
前売り・4,000円、当日・4,500円。鮨弁当と利き酒セット付き。上演中も飲食可。
サイト

http://www.wazoo.jp/open/katari_07/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル ①演目:石野竜三・語り芝居「芝浜」&日本酒トークショー
②日時:2013年12月28日(土)〜30日(月)15:0O開演(開場は14時)
③会場:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店(JR信濃町駅より徒歩1分)
④チケット:前売り・4,000円/当日・4,500円(鮨弁当&利き酒セット付き・上演中も飲食可)特設サイトで販売中!→ http://www.wazoo.jp/open/katari_07/
⑤内容:古典落語「芝浜」を声優・石野竜三が語ります(同脚本・照明・音響)。
説明  天秤棒を担いで魚を商う勝五郎は、腕は良いのに酒におぼれ、とうとう暮らしが立ち行かなくなった。女房が拝むようにして仕事に出すと、浜で大金の入った財布を拾ってくる。するとその金で飲めや歌えのドンチャン騒ぎ。ところが後になって、財布を拾ったのは夢で、ドンチャン騒ぎだけが本当だったと知り……。
 大晦日の晩に夫婦差し向いで交わされる会話が涙を誘う。映画や舞台にもなった人情噺を、声優・石野竜三が独自のスタイルで語ります。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/12/18 11:40 by 石野竜三

[最終更新] 2013/12/18 16:26 by 石野竜三

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大