演劇

A Ladybird Theater Company Act.11

もみじ村の風

デザイン:木曽寛子

0 お気に入りチラシにする

演劇

A Ladybird Theater Company Act.11

もみじ村の風

A Ladybird Theater Company

仙台市宮城野区文化センター・パトナシアター(宮城県)

2014/01/17 (金) ~ 2014/01/18 (土) 公演終了

上演時間:

もみじ村には神様がいる。
全知全能ではないけれど。
完全無欠ではないけれど。
神様はもみじ村が大好きだった。
例え誰にも自分の姿が見えないとしても、もみじの神様は村と村人が大好きだった。
これは世界で一番情けない神様と愉快な村人達が起こした、小さな村の優しくて切ない物語。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

Act,11『もみじ村の風』PVできました。

撮影はプロの方で素敵なんですが、いかんせん編集は素人の木曽さん。
サイズがおかしいのと後半の空白の時間等、大目に見てください><

木曽「動画ってわけわかんないですね・・・」

公演詳細

期間 2014/01/17 (金) ~ 2014/01/18 (土)
劇場 仙台市宮城野区文化センター・パトナシアター
出演 千葉清美、木曽寛子、増田淳、佐藤未来、村越勇一、伊藤直行、箱崎貴司
脚本 箱崎貴司
演出 箱崎貴司
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,500円
【発売日】2013/12/02
一般前売り・予約¥2000
一般当日¥2500
中・高校生¥500
小学生以下¥無料
サイト

http://ladybird.main.jp/11-2.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月17日(金)19時開演
1月18日(土)14時開演
説明 もみじ村には神様がいる。
全知全能ではないけれど。
完全無欠ではないけれど。
神様はもみじ村が大好きだった。
例え誰にも自分の姿が見えないとしても、もみじの神様は村と村人が大好きだった。
これは世界で一番情けない神様と愉快な村人達が起こした、小さな村の優しくて切ない物語。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 菅原玄哉(有)おむらいすファクトリー
舞台美術 高橋孝敏(STAGE Touchant)
音響 本儀拓(KIWI SOUND WORKS)
照明 高橋亜希
衣裳 千葉清美
制作 木曽寛子

[情報提供] 2013/12/05 22:08 by キソ

[最終更新] 2013/12/08 17:48 by キソ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

キソ

キソ(0)

出演してます!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大