劇団1980

シアターX(カイ)(東京都)

2007/12/01 (土) ~ 2007/12/07 (金) 公演終了

上演時間:

モルドヴァから見た「ニッポン」

奥箱根の河原で、一人の老人がガソリンをかぶって焼身自殺した。 それは30年前に家族を捨てて蒸発した父だった・・・ 遺留品のノートに綴られた途切れ途切れの文字を手掛かりにたどる空白の30年間。 浮かび上がってくるのは、一人の男の卑屈にまみれた人生。 そして繁...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/12/01 (土) ~ 2007/12/07 (金)
劇場 シアターX(カイ)
出演 柴田義之、里村孝雄、山本隆世、海童須美寿、翁長諭、上野裕子、木之村達也、上原弘之、八代定治、小出康統、湯澤俊典、則松徹、大熊康弘、室井美可、水井ちあき、山田ひとみ、大久保美和、井野戸芙蓉、海老根寿代、吉田美咲、近童弐吉(ワンダープロ)
脚本 藤田傳
演出 ペトル・ブトカレウ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売:3,300円
当日:3,500円
学生・シニア(65歳以上):2,000円
(全席指定)
サイト

http://gekidan1980.cool.ne.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 モルドヴァから見た「ニッポン」

奥箱根の河原で、一人の老人がガソリンをかぶって焼身自殺した。 それは30年前に家族を捨てて蒸発した父だった・・・ 遺留品のノートに綴られた途切れ途切れの文字を手掛かりにたどる空白の30年間。 浮かび上がってくるのは、一人の男の卑屈にまみれた人生。 そして繁栄と豊かさの裏に隠れた貧しさ、悲しさ、ドしがたさ。 日本の深層を描き出し、第29回紀伊國屋演劇賞を受賞した劇団1980の代表作。 98年の初演から三度の再演を経て、今回はモルドヴァ演劇の機種・ペトル・ブトカレウが演出を担う。 はたしてモルドヴァから見た日本とは?
底辺を切り捨てて、驚異的な経済発展を遂げながら、異常な数の自殺者をも生む国。 欧州最貧国と呼ばれ、経済的な苦しさに喘ぎながら、文化と品位を維持する国。 異色の組み合わせで苛烈に舞台化する“ニッポン”の重喜劇。
その他注意事項
スタッフ 作 : 藤田傳
演出・音楽 : ペトル・ブトカレウ
美術・衣裳 : ステラ・ヴェルブチェアヌ
照明 : 中山功
音響 : 斉藤美佐男
振付 : 西田堯
舞台監督 : 中杉雄一
写真 : 宮内勝
宣伝美術 : 山本隆世 版画爆撃隊
企画・制作 : 志賀重仁 柴田義之
制作デスク : 多田和代
協力 : 七字英輔 日本映画学校
ゆうげい社 ロットスタッフ
クィーンズアベニューα
後援 : TBSラジオコミュニケーションズ

[情報提供] 2007/11/16 15:06 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/11/16 15:08 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大