Modern Dance Performance 公演情報 Modern Dance Performance」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.3
1-4件 / 4件中
  • 満足度★★★★★

    求道的な舞踏、照明が素晴らしい。
    プログラムBを観ました。

    とても静謐で、求道的な印象を持ちました。

    舞踏の技術的なことはよく分かりませんが、自分が踊って楽しんでいる段階、目の前のお客に楽しんでもらおうという段階、などを大きく超越して、「踊りの神様」と対峙しているような感じを持ちました。

    また、今回特に印象深かったのは、「照明」の素晴らしさ、です。

    舞踏に合わせての照明プラン、そしてタイミングの試行錯誤…かなりのご苦労があったと推察します。

    作品ごとに、照明家の名前が明記されています。
    プログラムBでは、福谷こすも、石井彩加のお二人が分担して担当されていました。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX


    7作品が演じられました。すべて素晴らしい作品でしたが、特に私は以下の2作品が印象的でした。



    ●浅田李子の『ケガレナキココロ』

    ソロの振付がみごと。群舞とのバランスがみごと。

    ●東伊都美の『夜の公園』

    公園という具象的設定の中でみせよう、という姿勢に好感が持てました。
    この上なくシンプルだけど、美しい。

  • 無題931(13-370)
    14:00/17:00の回(快晴)。1時間前受付(整理券あり)、30分前開場(やや押しで)。此処で昨年(11月)、今年(10月)と3年生による「Modern Dance Performance~ロンド・カノン形式による創作~」をみましたが、そのときとは相当違いました。

    玉川大学の卒業公演でも感じたのはなんだかおとなしい..それは女性らしい感性なんだろうと思いながらも躍動感あふれるダンスよりも静止画的な、パフォーマンスに近い印象。

    安定した、(きっと)高い水準だという気はするのですか、一方ではそれでいいのかとも思い、なんというか「ここ一番」というくらい突き抜けたものが...。

    ネタバレBOX

    先日、日本女子体育大学+高襟(深見さん)の再演(拡大版)をみていたからでしょうか、物足りなさを強く感じました。広い会場に数人ずつ分散、異なる動き、ゆっくり歩く...が各チームかなり似かよっていたように感じました。
  • 満足度★★★★

    AとB鑑賞
    A6作1時間15分、B7作1時間30分。自作以外にも多くに出演していて、相当に練習したはず。タンツテアター風の作品が好みだった。卒研は最終回のカーテンコールでの涙が美しい。

  • 満足度★★★★

    プログラムA鑑賞
     空間をとても意識した構成が観ていて、心地良い。


    ネタバレBOX

    1本、10分弱の小品×6のコンパクトな公演。

このページのQRコードです。

拡大