歌舞伎・伝統芸能

京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム

市川猿之助 春秋座特別舞踊会

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2014/02/03 (月) ~ 2014/02/03 (月) 公演終了

上演時間:

2012年6月、四代目市川猿之助を襲名。2013年5月、京都芸術劇場 春秋座 芸術監督に就任。そして、2014年2月、就任後初めて春秋座の舞台で猿之助が舞踊を披露いたします。
演目は伊達にちなんだ二題「助六」と「女伊達」をおおくりいたします。
舞台はともに江戸吉原。夜桜を愛でる男伊達の踊り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/02/03 (月) ~ 2014/02/03 (月)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 市川猿之助、杵屋利光社中、田中傳次郎社中
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 6,000円
【発売日】2013/12/04
【全席指定】一般6000円、シニア5500円、友の会5000円、学生&ユース席3000円
サイト

http://www.k-pac.org/performance/20140203.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月3日(月)13:00/16:30
説明 2012年6月、四代目市川猿之助を襲名。2013年5月、京都芸術劇場 春秋座 芸術監督に就任。そして、2014年2月、就任後初めて春秋座の舞台で猿之助が舞踊を披露いたします。
演目は伊達にちなんだ二題「助六」と「女伊達」をおおくりいたします。
舞台はともに江戸吉原。夜桜を愛でる男伊達の踊りの「助六」は、荒々しく豪快な荒事と柔らかく優美な和事を兼ね備え、すっきりとした華やかさが見どころです。
「女伊達」は颯爽と現れた男勝りの女侠客が、ならず者たちを鮮やかに手玉にとり、勇ましい女性の格好よさを見せてくれます。
対称的なこの二題を、この度猿之助が初挑戦にて、粋であでやかな江戸男と心意気あふれる江戸女を見事に演じ分けます。間に楽しいトークも挟み、猿之助舞踊の醍醐味をたっぷりとご堪能くださいませ。


【演目】
一、素踊り「助六」長唄囃子連中
二、市川猿之助トークショー 
   トークショー聞き手:宮辻政夫(演劇評論家)
三、「女伊達」長唄囃子連中
その他注意事項 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
スタッフ

[情報提供] 2013/11/26 11:24 by 舞台芸術研究センター

[最終更新] 2014/02/20 23:33 by 舞台芸術研究センター

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大