光藍社

Bunkamuraオーチャードホール(東京都)

2014/01/10 (金) ~ 2014/01/13 (月) 公演終了

上演時間:

古都キエフからこの冬もまたキエフ・バレエがやってくる。

 心洗われる古典バレエの名作とともに、なじみになったあの名花たちにまた会える。この1年のさまざまな出来事を思いつつ、新しい年を迎える時期に、美の基本、伝統のクラシック・バレエの演目にたっぷり浸れることはなんとうれしいことだろう。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/01/10 (金) ~ 2014/01/13 (月)
劇場 Bunkamuraオーチャードホール
出演 ゴリッツァ&ヴァーニャ、フィリピエワ&ニェダク、マツァーク&ヴァーニャ、ほか
演出
振付
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 13,000円
【発売日】
S席 13,000円
A席 11,000円
B席 9,000円
C席 7,000円
D席 5,000円
サイト

http://www.koransha.com/ballet/kiev2013/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 古都キエフからこの冬もまたキエフ・バレエがやってくる。

 心洗われる古典バレエの名作とともに、なじみになったあの名花たちにまた会える。この1年のさまざまな出来事を思いつつ、新しい年を迎える時期に、美の基本、伝統のクラシック・バレエの演目にたっぷり浸れることはなんとうれしいことだろう。
 キエフはウクライナの首都で、旧ソ連時代には、モスクワ、レニングラード(いまのサンクト・ペテルブルグ)と並ぶソ連邦の三大都市のひとつ。いまは東ヨーロッパ地域の中心都市に数えられる。キエフのオペラ・バレエ劇場、正式にはタラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場は140年を超える歴史を持っている。この劇場のバレエ団、キエフ・バレエはモスクワのボリショイ・バレエ、サンクト・ペテルブルグのマリインスキー・バレエと並び、ロシア・バレエを代表する名門のバレエ団である。
 いままでに排出した世界的ダンサーにはミハイロフスキー・バレエ(レニングラード国立バレエ)のレオニード・サラファーノフ、英国ロイヤル・バレエのアリーナ・コジョカル、アメリカン・バレエ・シアターのイリーナ・ドヴォロヴェンコなどがいる。
 だがなんといっても日本で長く親しまれてきたバレリーナはエレーナ・フィリピエワだろう。その芸歴の長さにもかかわらず、愛らしくういういしい雰囲気を失わない。しかもテクニックは強靭で安定している。今回ももちろん来日する。そのほか昨年の来日公演の『白鳥の湖』で、清楚なほっそりした姿を印象づけたカテリーナ・チェブイキナ、日本にファンも多いナタリア・マツァークの名前が挙がっている。
 プログラムはなんとクラシックの代表的な作品5演目だ。すでに私たちの記憶に焼きついている『くるみ割り人形』、『白鳥の湖』、『眠りの森の美女』のほか新たに『ドン・キホーテ』、『バヤデルカ』の2作品が見られる。キエフ・バレエの奥の深さ、未知の魅力がいま私たちの前に開かれる。
(舞踏評論家:小町直美)


世界中で愛され続ける古典バレエの代表作
白鳥の湖
音楽:P.チャイコフスキー 原振付:M.プティパ、L.イワノフ、F.ロプホフ
振付・演出:V.コフトゥン
神秘的な森の奥の湖で出会った、ジークフリート王子と囚われの白鳥姫オデット。二人は永遠の愛を誓うが、悪魔の手先オディールに惑わされた王子は誓いを破ってしまう。過ちに気づいた王子は死をも覚悟し、悪魔と戦う。ロシア系バレエ団ならではの美しくたおやかな白鳥の群舞に、主演バレリーナによる清純な白鳥オデット/妖艶な黒鳥オディールの演じ分けも見どころ。情感あふれる舞とドラマティックな演出が光る、クラシック・バレエの最高峰。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/11/26 07:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/26 07:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大