演劇

こまばアゴラ演劇学校“無隣館”若手自主企画vol.1

授業

デザイン:岸本昌也

0 お気に入りチラシにする

演劇

こまばアゴラ演劇学校“無隣館”若手自主企画vol.1

授業

ハチス企画

アトリエ春風舎(東京都)

2014/01/11 (土) ~ 2014/01/13 (月) 公演終了

上演時間:

博士号を取得するため女生徒が教授の元へ訪れる。その名の通り「授業」が繰り広げられるが最後には・・・
引き算がどうしても理解できない女生徒。数学と言語学において発熱していく男=教授。教授の挙行を客観視しながら淡々と作業をこなす女中。不条理劇作家・イヨネスコによる、常識の通用しない不条理喜劇。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/01/11 (土) ~ 2014/01/13 (月)
劇場 アトリエ春風舎
出演 石川彰子、植浦菜保子、串尾一輝
脚本 ウージェーヌ・イヨネスコ
演出 蜂巣もも
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,000円
【発売日】2013/11/23
一般2000円、学生1800円
サイト

http://www.komaba-agora.com/line_up/2014/01/hachisu/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月11日(土)18:00☆
1月12日(日)14:00/18:00★
1月13日(月・祝)14:00
(受付開始・開場ともに開演の30分前)
★☆の回終演後、ポストパフォーマンストークを開催!
★=11日18:00の回ゲスト:長島確氏(ドラマトゥルク/翻訳家)
☆=12日18:00の回ゲスト:松井憲太郎氏(富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ館長)
説明 博士号を取得するため女生徒が教授の元へ訪れる。その名の通り「授業」が繰り広げられるが最後には・・・
引き算がどうしても理解できない女生徒。数学と言語学において発熱していく男=教授。教授の挙行を客観視しながら淡々と作業をこなす女中。不条理劇作家・イヨネスコによる、常識の通用しない不条理喜劇。
しかし、その不条理ゆえに見えてくるものとは・・?

2013年3月に開校されたこまばアゴラ演劇学校“無隣館”の若手自主企画公演の第1弾目。
京都から来た若手演出家・蜂巣ももの実験的な演出を実現するハチス企画がお送りします。「昨日の私と今日の私とでは、考えていることがちがう。」今回は、そんなひとりの人間の多面性について考え、フランスを代表する不条理劇作家・イヨネスコの『授業』を男女逆転という新解釈で演出・上演します。男と女、現在と過去、罪を問うこと背負うこと。これらのはざまには何があるのか?
戯曲に隠された表裏一体の物事を料理します。ご期待下さい。
その他注意事項
スタッフ 照明:井坂浩(青年団)、美術:高橋まり、音響:曽根貴了、制作:水谷円香、美術協力:濱崎賢二(青年団)、著作権代理:(株)フランス著作権事務所、総合プロデューサー:平田オリザ、企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場、主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

[情報提供] 2013/11/25 00:26 by みず

[最終更新] 2014/02/12 22:38 by みず

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

みず

みず(0)

制作です。よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大